アベイラビリティ availability

Google Translator
スポンサーリンク
アベイラビリティ
スポンサーリンク

アベイラビリティ availability

可用性、つまりシステムの壊れにくさのこと(故障してもすぐ直ることも含む)
要求された外部資源が用意されたと仮定したとき,アイテムが与えられた条件
で,与えられた時点,又は期間中,要求機能を実行できる状態にある能力。
(Z 8115)
保全性を含めた広義の信頼匯を測る尺度。修理系では,故障しにくいという狭
義の信頼性にのみとらわれず,故障しても修復時間を短くするなど保全性を高め,アベイラビリティを高くする工夫が大切である。
なお,アベイラビリティは一般に,MTBF/(MTBF+MTTR)として定義されるが,これを設計としての固有の指標と考えるか,実際の運用上の指標とするかなどにより,より厳密に定義する必要が生じる。
アベイラビリティの定義における修復時間TTRを,事後保全時間のみとした場合を固有アベイラビリティ,TTRを事後保全時間と予防保全時間とを含めたものとする場合を達成アベイラビリティ,TTRをすべての動作不能時間とする場合を動作アベイラビリティという.また,故障間隔TBFを動作可能時間,TTRを動作不能時間とする場合を,運用アベイラビリティという.このほか,規定の時点を定めた場合の瞬間アベイラビリティ,この規定の時点が十分長い時間を経過した後であるときに用いる定常アベイラビリティなどの区分がある。

ここでMTBFは平均故障間隔、MTTに対する修復時間で示す。

関連記事:信頼性

スポンサーリンク
facebook