ハインリッヒの法則  Heinrich’s law

Google Translator
スポンサーリンク
ハインリッヒの法則
スポンサーリンク

ハインリッヒの法則 Heinrich’s law

一つのアクシデント(事故)の影には29のインシデントがあり,更にその背後に
300件の異常なできごとがあるという法則.ハインリッヒ(H.W.Heinrich)が多数の
労働災害事故の分析から結論した.

1930年代、アメリカのハインリッヒ氏が労災事故の発生確率を調査したもので、「1:29:300の法則」ともいわれる。

1件の重症事故の背景には、29件の軽傷の事故と、300件の傷害にいたらない事故(ニアミス)があるという経験則。またさらにその背景には、数千、数万の危険な行為が潜んでいたともいう。

つまり、事故の背景には必ず数多くの前触れがあるということ。 メディアとネットワークの発達した現代においては、たった1件の事故やクレームなどでも、十分に企業の存続を脅かすこととなりうる。このようなリスクを事前に回避することは、経営の重要課題となってきている。

関連記事:ハインリッヒの法則

スポンサーリンク
facebook