セル生産方式 cellular manufacturing system

Google Translator
スポンサーリンク
セル生産方式
スポンサーリンク

セル生産方式   cellular manufacturing system

グループテクノロジーを利用した生産方式.
  部品の類似性に基づいて部品をクループ化すると,一般に部品のグループとそれらを加工する機械の間には,それぞれの部品のグループは機械全体の一部から構成された機械グループによって加工が行えるという高い関連性が見いだされる.
 そのような機械のグループとしてさまざまのセルを構成すると,部品の運搬の手間や時間が省かれ,仕掛量は減少して生産リードタイムが短縮する.
  ラインを用いずに一人の作業者や複数の作業者が製品を組み立てる方式をセル生産と呼ぶことがあるが,グループテクノロジーが利用されていないために学術用語としては,その名称は適切でない。

セル生産方式は、1940年代後半にソビエト連邦のMitrofanofとSokolovskiiによって提案されたのがその始まりとされている。そして第2次世界大戦後、東ヨーロッパ、西ヨーロッパ、インド、香港、日本そしてアメリカなどに伝わり、研究されるようになった。

このセル生産方式の基本的な考え方はGT(Group Technology)の概念に基づいており、工程系列をグーピングファクターにし、部品及びマシンをいくつかのセルに分類しする生産する方式である。このセル生産方式の導入は、自律分散型のシステムを構築することを目的としているため、結果としてそのシステムの自動化及び管理が非常に単純化される。これによりセル生産方式はシステム全体に対し以下に述べる効果を引き起こすことになる。

スポンサーリンク
facebook