TOC 制約条件理論 theory of constraint

Google Translator
スポンサーリンク
制約条件理論
スポンサーリンク

TOC  制約条件理論    theory of constraint

 スループットに代表される企業のゴールを決めている制約条件を手がかりにして生産性を改善する理論.
 全体最適化に基づく生産性改善のための新しいパラダイムであり,0PT(optimized production  technology)と呼ばれるスケジューリング手法を改善や改革の考え方に 発展させたもので,イスラエルの物理学者E.M.Goldrattが開拓した手法.
  生産スケジューリングを中心とした生産性を改善する手法と,「思考プロセス」と呼ばれる問題分析やその解析ツールとからなる.生産性改善手法は,制約条件を見つけ,制約条件を徹底的に活用して,制約条件以外を制約条件に従属させ,制約条件の能力を向上させて,第1ステップに戻るという五つのステップを基本としている.

思考プロセスでは現状問題構造ツリー(CRT : current reality tree),対立解消図(CRD : connflict resolution diagram,未来問題構造ツリー(FRT : filture reality tree),前提条件ツリー(PRT : prerequisite tree),移行ツリー(TT : transition tree)を作成する.そして「何を変えるか」という中核問題を明確にし,「何に変わるのか」という解決策を出し,「出てきたアイデアを実行したらどうなるか」を検証し 「どのように変化するか」という問題に答える段階に入り,最後に「目標を達成するための実行計画」を作成する.

関連記事:TOC

スポンサーリンク
facebook