パレート図  pareto diagram

Google Translator
スポンサーリンク
パレート図
スポンサーリンク

パレート図  pareto diagram

「項目別に層別して,出現頻度の大きさの順に並べるとともに,累積和を示した図.例えば,不適合品を不適合の内容の別に分類し,不適合品数の順に並べてパレート図を作ると不適合の重点順位がわかる.」(Z 8101-2)

パレートの法則

イタリアの経済学者・社会学者、ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が、欧州各国や米国の統計データに基づいて統計的に所得配分の研究を行い、1896年にローザンヌ大学の論文集に成果を発表した。

 この研究において当該国のパレート定数は、それぞれほぼ1.5で一定であった。このことからパレートは、社会全体の所得の多くは一部の高額所得者が占めているが、それは国や時代の制度の問題ではなく、一種の社会的自然現象であると主張した。

 パレートの法則は早くから所得配分だけではなく、自然現象にも当てはまると指摘され、現在では品質管理、在庫管理、売上管理、マーケティングなどにも適用できるとされている。

 「不良全体の80%は、20%の原因に由来する」「売上の80%は、全商品の20%が作る」「売上の80%は、全顧客の20%によるものである」といった解釈がそれで、これらは俗に80対20の法則、2:8の法則、80-20ルールとも呼ばれる。

関連記事:パレート図

スポンサーリンク
facebook