除電用加湿器の使い方、選び方

何故、静電気除去対策に加湿器が必要か?

乾燥時(相対湿度:10~20%)及び湿潤時(相対湿度:65~90%)の発生要因別の静電気量は下記のグラフが示すように圧倒的に20倍以上、乾燥時に静電気が多くなります。

 静電気と相対湿度.

その変化点は相対湿度50%付近であり、50%を切ると急激に帯電電圧が高くなります。

相対湿度と帯電量

では日本で相対湿度が頻繁に50%以下になる時期はいつでしょうか?

常識では静電気は発生しやすい冬季と思われますが日本で50%以下になる日は少ないです。

下のグラフは日本の各地の相対湿度データーですが乾燥していると思われる東京でも50%を切る月は少なく、1月だけです、逆に日本海側は冬の相対湿度は高くなる傾向です。

各地の相対湿度

但し、一日の時間毎の変化では日中は気温が高くなる為に相対湿度が低くなりますが夜は

気温が低下する為に相対湿度が高くなります、乾燥している冬場の東京でも夜間は50%以上を確保しています。

東京都の相対湿度と気温

上記データーからは日本では50%を切る時期は少なく静電気が起きやすい気候では

ないですが一般常識では冬場には静電気が発生しやすいと思われています。

何故でしょうか?大きな原因は室内の暖房です。冬場、外気温が低下して室内を暖房すれば気温が上昇し、それに伴いその気温の飽和水蒸気量が上昇して相対湿度が低くなります。

下の図の例にように温度10℃、相対湿度が50%の室内の場合、暖房して気温が25℃になると相対湿度は20%に大きく低下します。

室内の気温と相対湿度

室内の気温と相対湿度

且つ、日本の冬場は降雨量(降雪量)が少なくなり、絶対湿度が低くなる、特に太平洋側は顕微です。下記は東京都の絶対湿度の月間推移であり、冬季の絶対湿度が低い。

東京 絶対湿度.

よって、工場の製造工程で春、夏、秋は特に問題がないが冬場に静電気トラブルが発生する場合、相対湿度が改善のポイントであり、加湿器が重要な役割を担います。

加湿器の種類:

加湿は静電気対策の基本であり、最も重要な対策のひとつでもあります。

加湿の方法は気化式、蒸気式、水噴霧方式等があり設置する場所、用途に応じて選択します、

・気化方式:水を吸い上げたフィルターに風を当てることで蒸発させ加湿

・蒸気方式:水を100℃または100℃以上の蒸気にして噴霧する

・水噴霧方式:常温の水を霧化させ、送風機で拡散させる

又 加湿器を設置した後の高湿化による設備への錆、腐食、カビの影響も考慮しなければなりません。

加湿器の種類

メーカーで選ぶ|加湿器のおすすめブランド

スポンサーリンク

Panasonic:ナノイー搭載加湿器

品番:Panasonic FE-KXMシリーズ FE-KXM05シリーズ

2006年9月15日販売されたナノイー搭載加湿器は除電効果は勿論、抗カビ、抗ウイルス効果あり、また脱臭効果もあり、価格も除電器から比較すると安い。

特に食品工場での除電に向いている。

ナノイーについては下記のサイトを参考にしてください。

ナノイー効果 説明サイト

 %e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%83%b4%e3%83%a5%e3%83%bc

その他のナノイー対応加湿器は下記のサイトを参照してください。
加湿器 ナノイー

シャープ: 加湿空気清浄機

品番: プラズマクラスター搭載 ホワイト KC-E50-W

アマゾン人気No1加湿器(2016年12月15日現在)

アマゾン 楽天

アイリスオーヤマ 加湿器

品番:加熱式 アロマ対応 ブルー SHM-120D-A

アマゾン人気No1加熱式加湿器(2016年12月15日現在)

アマゾン 楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイリスオーヤマ卓上型スチーム式加湿器 SHM-120D-A ブルー (SHM120DA)
価格:1954円(税込、送料別) (2016/12/15時点)

ダイニチ ハイブリッド式加湿器

品番: HDシリーズ グレー HD-5015-H

アマゾン人気No1ハイブリッド式加湿器(2016年12月15日現在)

アマゾン 楽天

エニープロ ( Anypro)  超音波式 空気清浄機 卓上加湿器

品番 : CAST-300A

アマゾン人気No1超音波式加湿器(2016年12月15日現在)

アマゾン 楽天

おすすめ 加湿器 アマゾン


*静電気除去グッツについては下記の文献に更に詳細な内容が記載されています。

参考文献:

1.図解 静電気管理入門     著者:二澤 正行 工業調査会
2.静電気の基礎と帯電防止技術  著者:村田雄司 日刊工業新聞社
3.静電気の本          著者:高柳 真   日刊工業新聞社
4.静電気を科学する         著者:高橋雄造
5.静電気のABC         著者:堤井信力

関連コンテンツ