ビジネスの発想法      木村剛

1章:『売れるモノが良い』⇒YES

1.『売れるモノが良い』⇒YES

『良いモノは売れる』⇒No

2.いくら調査分析しても完全なる回答は得られ
ない⇒最終的に自分の決断で答えを導く。

3.今日、一日、一瞬を真剣にいきれば明日が
開ける。

2章:アマドマ(AIDMA)の法則

1.アマドマ(AIDMA)の法則

消費者が製品を知り、購入するまでのプロセス

Attention(注意)⇒広告費

Interest(興味)⇒『いいな』と思わせる

Desire(欲求)⇒『うん、使ってみよう』と思わせる。

Memory(記憶)⇒『え、ないの』

Action(行動)⇒『おお、あった』

2.お客様が喜んで買ってくれる範囲でできる限り高い

価格をつける。

3章:ビジネスは必ず失敗する

1.ビジネスは必ず失敗する。但し、その被害を

小さくする事はできる。

2.市場調査、顧客調査は全てでない。

3.全員が賛成するビジネスはしてはならない。

4章:売れる市場を発見する

1.売れる市場を発見する事は発見以上の価値がある。

日本が駄目なら世界があるさ!

2.予想外の事を楽しめ、唯一生き残ることができるのは

変化できるモノ。

3.なにもリスクがしなければ5年内で没落する。

4.失敗にめげずに何でもすぐにやる向上心が大事。

5.工夫に工夫を重ねて知恵を創造する。

5章:夢があれば

1.ビジネスモデルは後付の理論。

2.夢があれば胆がくくれます。

3.プラスと受け取るか、マイナスを受け取るかは

貴方の脳の考え方で決定されます。

6章:確信できるミッション

1.『絶対善』だと確信できるミッションがあれば

エネルギーがでます。

2.金儲けの手段としてビジネスをするのではなく

世の中の役に立つためにビジネスをする。

3.利益はビジネスを継続できる最低条件です。

7章:多く失敗し、学ぶ

1.理屈を考えるより、実践し、より多く失敗し、学ぶ。

2.いかなる時も決断を先送りするな。

3.狙ってから撃つのではなく、撃ってから狙いを定
める。

4.朝令暮改を恐れるな。状況刻々変化する。

8章:『夢』を設定

1.『夢』を設定・・・ノートに描く。

2.方法論は賢者、成功者から学ぶ。

3.夢を周りに波及させる。

9章:『勘』を磨く

1.『勘』を磨く

2.24時間真剣に取り組めば『勘』が働く

3.成功するまでやめらければ成功する。

4.どんな時も常に明るく未来を語る。

5.反省してもよいが後悔はするな。

関連コンテンツ