グラフの意味|QC7つ道具

小集団活動
スポンサーリンク




グラフとは?| 図表とは?

ある対象物を観察して測定、検査したあとにその対象物の状態を記録に残す際に誰でも理解できるように数値化(Data化)するが数値では比較、変化量が把握しにくいため、データーをビジュアル化(視覚化)してその対象物の状態を一目で理解できるようにしたものがグラフである。

関連記事:QC七つ道具

グラフを作る目的 | データーを視覚化

ある対象物を観察して測定、検査したあとにその対象物の状態を記録に残す際に誰でも理解できるように数値化(Data化)するが数値では比較、変化量が把握しにくいため、データーをビジュアル化(視覚化)してその対象物の状態を一目で理解できるようにしたものがグラフである。

その用途としては下記の用途が上げられる。

1)データーを解析するため

2)管理するため

3)説明するため

4)記録するため

グラフの基本   グラフの役割と種類

グラフの効用

グラフは、つぎの2つの用途に大別できる。

① データの解析  ② 情報の伝達

データをグラフで表現することは、データの解析過程における最も基本的で、かつ、最も重要な作業である。グラフを用いて視覚に訴えることで、データ表からは読みとれなかった特徴や傾向を容易に把握することができるようになる。
また、グラフには情報の伝達を効率的に行えるという利点がある。適切なグラフをプレゼン
テーション(報告・説明)に利用することで、受け手(伝達相手)の理解を助けることができる。
データの解析で使うグラフは、データを「視る」ためのものであるから、解析する者にとっ
て見やすいものを作成する。
プレゼンテーションで使うグラフは、「見せる」ためのものであるから、受け手が見やすい
ものを作成する必要がある。このためには、タイトルや文字の大きさなどにも留意する必要が
ある。

グラフの種類

品質管理の分野でよく使われるグラフには、つぎのようなものがある。

① 棒グラフ
② 折れ線グラフ
③ 円グラフ
④ 帯グラフ
⑤ ステレオグラム
⑥ レーダーチャート
⑦ パレート図   (QC七つ道具)
⑧ ヒストグラム  (QC七つ道具)
⑨ 散布図     (QC七つ道具)
⑩ 管理図     (QC七つ道具)

棒グラフ 英語:bar graph

棒グラフは、数量の大小を比較するのに適している。

棒グラフ

折れ線グラフ 英語:polygonal line graph

折れ線グラフは、時間経過による数値の変化を把握するのに適している。

折れ線グラフ2

円グラフ 英語:circle graph

円グラフは、構成比率を把握するのに適している。

円グラフ

帯グラフ 英語:Band graph

帯グラフは、比率を比較するのに適している。

帯グラフ

ステレオグラム 英語:stereogram

ステレオグラムは、項目間の関係を把握するのに適している。

ステレオグラム

レーダーチャート  英語:radar chart

レーダーチャートは、多特性を同時に比較するのに適している。

レーダーチャート イラスト

エクセル グラフ 作り方 基本

エクセルを用いてグラフを作成する場合、次のような手順で作成していきます。

横棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、散布図、ドーナッツグラフおよびレーダーチャート、等高線グラフ等 基本的な作成方法はおなじです。

手順1:グラフで表現したいデーターを選択。

手順2:グラフの種類を選択。

手順3:グラフの形式を選択。

手順4:タイトル、軸名等必要事項を入力。

下記に具体的な作成方法を棒グラフを事例に説明しています。

エクセル グラフ 作り方 事例

エクセル 棒グラフの作成

データーに入力

セルA1からB8にデーターを入力。

棒グラフ データー 入力2

データー指定

セルA1からB8をドラックして指定する、範囲色がグレーに変わる。棒グラフ データー入力

グラフの選択

エクセル 2013の場合:

挿入→縦棒→2-D縦棒を選ぶ。

棒グラフ グラフ指定

グラフが作成される。

棒グラフ グラフ作成

グラフの編集 縦軸、横軸目盛 変更

縦軸を編集したいときには、数値軸上の任意の数値をダブルクリックし、横軸を編集したい
ときには、項目軸上の任意の文字をダブルクリックする。すると、〔軸の書式設定〕というボックスが現れる。そのボックス上で、軸の目盛りや表示形式などのさまざまな修正を加えることができる。

棒グラフ 縦軸 編集

縦軸 数値をダブクリック

軸の書式設定2

要素の色分け

ある棒を他の棒と異なる色にするには、最初に色を変えたい棒をクリックし、さらにもう1
度クリックする。すると、下のような状態になる。

要素の色分け

1本の棒が選択された状態になる。そこで、この棒をさらにダブルクリックすると、〔デー
ター要素の書式設定〕というボックスが現れる。そのボックス上で、棒の色を変更することができる。

データー要素の書式設定

エクセル スパークラインとは?

スパークラインはEXCEL 2010 から装備された機能で、セルの中にグラフを表示させることが可能です。

スパークライン」とは、1行または1列の中で指定した範囲内のデータを基に、任意のセルの中にグラフを表示する機能です。スパークラインで表示できるグラフには、折れ線、縦棒、勝敗の3タイプがあります。
グラフがセル内にまとめて表示できるので、データの推移や傾向を視覚的にとらえることが
でき、季節ごとの推移傾向や売上の差の比較などを、セルの中に小さなグラフで表示し、数字と合わせて分析するのに適しています。

従来は、表とグラフを別々に表示するしかなく、グラフも項目数や系列が多いと線や棒が重なり、注目したいデータを見つけにくい面がありました。
スパークラインを利用すれば、データの横や下のわずかなスペースに項目ごとのグラフを表示でき、表とグラフを1つの情報としてまとめて表現することで、数値の推移傾向や前後関係をビジュアルに把握できます。

スパークライン 表現例

折れ線グラフと縦棒グラフの使い分け

折れ線グラフは、データの推移傾向の分析に向いています。下図のように地域ごとに個別の傾向が把握しやすいのが特徴です。縦棒グラフは「4ヵ年比較」のように数値の大小を比較する際に利用すると、その動向がよくつかめます。

スーパークライン 折れ線グラフ 棒グラフ

勝敗グラフの利用法と使い方

勝敗グラフは、下図のように、チーム別の勝敗数だけでは動向がわかりにくい場合に勝敗グラフを表示すると、その経緯や傾向がつかみやすくなります。既定ではプラスが勝ち、マイナスが負け、ゼロは非表示と設定されています。

スーパークライン 勝敗グラフ

パークラインを使う上で理解しておきたい“差の強調”

グラフは、縦軸の目盛を数値の途中から指定すると、数値の大小の差が強調されます。これを「差の強調グラフ」と呼びます(図1)。これに対し、「0」から始めたグラフは事実に即しているので「実数グラフ」と呼びます(図2)

スーパークライン 差の強調

2つは同じ値の表から作成されていますが、まったく違って見えます。
スパークラインは、既定では範囲指定したデータの最小値と最大値から作成された差の強調グラフになっていますが、実数グラフにも変更できます。

条件付き書式で最小値と最大値が使われるのも、値を際立たせるための差の強調です。ただし、データバーに関しては、既定では[最小値]が「自動」になっており、マイナス値がない場合は「0」に近い値が設定された実数グラフで表示されます。ところが2007の既定は最小値なので、差の強調グラフになるため、2010と同じ結果にするには[書式ルールの編集]画面で設定の変更が必要です。

エクセル スパークライン 作り方 事例

ライン別生産台数表を基にラインごとの6ヶ月生産台数推移グラフを折れ線で表示してみます。ここでは、すでにスパークライン用の列を作成した状態から始めます。

基データの指定とスパークラインの挿入 手順1

まずは、スパークラインに表示させるグラフの基データが入ったセル範囲を選択し、指定します。そして、[挿入]タブの[スパークライン]グループで[折れ線]ボタンをクリックします。
ここではB2~G2を選択します。

スーパークライン 折れ線 選択

スパークラインを表示する :セルの指定 手順2

[スパークラインの作成]画面の[データ範囲]には指定したセル範囲が自動的に入力されます。[場所の範囲]ボックス内で力-ソルが点滅していることを確認し、スパークラインを表示させたいセルをクリックします。[OK]ボタンをクリックします。ここではH2を選択します。

スーパークライン セル指定

スパークラインのコピー 手順3

ラインAの6ヵ月推移のスパークライン(折れ線グラフ)がH2セルに挿入されました。
続けて、H2セルの右下にあるフィルハンドル(■)を下方向ヘドラッグし、H3~H4にコピーします。

スーパークライン コピー1

スパークライン 折れ線グラフ 手順4

各行のH列に折れ線グラフが表示されました。このスパークラインは、各行のデータの最小値と最大値を基に作成された“差の強調”グラフで、ライン別の推移動向がわかります。

スーパークライン 折れ線グラフの完成0

総計のスパークライン 挿入 手順5

次に「総計」のセル範囲をB5~G5に選択してH5にスパークラインを挿入し、完成させます。

*後で総計の縦軸目盛を変更する為に総計はグループ化しません。

スーパークライン 折れ線グラフの完成

スパークライン 編集機能

折れ線グラフから縦棒グラフにして、推移動向から数値上の差を分析してみます。ただし、スパークラインの既定の最小値は、範囲指定されたデータ内の最小値であるため、極端に差が強調されています。そこで、比較しやすいように縦軸の目盛を任意の最小値に変更します。

スパークライン 種類変更(折れ線から縦棒) 手順1

種類を変更したいセルを選択し、[スパークラインツール]の[デザイン]タブをクリックします。続けて[種類]グループの[縦棒]ボタンをクリックします。
ここではH2~H5を選択します。

スーパークライン 種類の変更

設定を変更 スパークラインの指定   手順2

設定を変更するスパークラインのセルを選択します。
まず、各課のスパークラインの最小値を変更します。H2をクリックすると、H2~H4までが青い線で囲まれ、グループ化されていることが確認できます。
ここではH2を選択します。

スーパークライン セル指定1

縦軸の目盛(最小値)の変更       手順3

[スパークラインツール]の[デザイン]タブで、[グループ]グループの[]ボタンをクリックします。続けて[縦軸の最小値のオプション]の[ユーザー設定値]を選択します。

スーパークライン セル指定2

縦軸 最小値の入力         手順4

表示された画面に最小値を入力してOKボタンをクリックします。

スーパークライン 縦軸の最小値の入力

縦軸 目盛の変更結果

差が比較しやすい縦棒グラフに変更されました。

スーパークライン 縦軸の最小値 グラフ

総計の縦軸目盛の変更

同様な方法で総計のスパークラインの縦軸の最小値を「100,000,000」に設定します。

スーパークライン 縦棒グラフ 完成

ライン別と総計をわけた理由

ラインごとの増減総計による全体の動向がつかみやすくなりました。総計は各月の合計で値が大きいため、ラインで指定した最小値ではあまり差が強調されません。ラインと総計で最小値を別に指定することで、それぞれ比較しやすいグラフになります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク