食品工場の品質管理の仕事業務内容、求人、転職

食品工場 品質管理 イラスト

食品工場の品質管理

従来までの食品工場の品質管理は食品衛生がメインでした、確かに食品を扱う工場では食品衛生が、最も重要である事には間違いありません。

しかし、食品工場の本来の品質管理(お客様の品質、納期、価格の要求を満足される)については他の業界と比較して遅れており、食品製造業の生産性は極めて低く、他の製造業の平均の約60%しかありません。

日本の食品工場の生産性が遅れている理由のひとつは海外との競争がないのが大きな原因と推定されます、やはり食の安全を考えると価格が安くても海外製は買うのは控えるお客様が多いのではないでしょうか?

逆に食品工場で本来の品質管理を導入して安全で品質のバラツキが少なく、しかも価格も安い製品、商品を生産できる体制づくりを行えば生産性も上がり、経営利益率の向上します。

スポンサーリンク

食品工場の品質管理の基本

標準化|ルールはマニュアル化する

従来までの食品工場のものづくりはKKD式(経験、勘、度胸)で生産していました、いわば職人によるものづくりです。しかし、この体制では大量にバラツキの少ない美味しい商品をお客様に供給することはできません。
品質が安定した安全な食品を製造していくためには、全ての作業に関して「基準」や「ルール」を標準化しておかなければなりません。基準というのは、一定の品質を保つために製造工程のなかで設定しておく必要のある温度、時間などのことです。

そして、マニュアルに記載された基準に沿って製品をつくるためのルールも決めておきます。このように細かく決められたやり方で作業することで、製品の品質を常に安定させられるのです。

関連記事:標準化

数値化、DATA化する

標準書に記載する基準は、誰が見ても判断を間違わない様に具体的な数値として表しておく必要があります。

場合によっては、数値で表現できないかもしれません。そのようなときには、写真やイラスト・図解を活用して限度見本を作成して正確に判断できるようにします。

関連記事:計測計量

現場対応の基準、ルール

品質の安定に欠かせないからといっても、実際に従業員が実施できないような作業標準書(マニュアル)では意味がありません。理想に偏りすぎることなく、現場の状況を把握して作業標準書(マニュアル)を作成する必要があります、そのために全てのデータの記録、管理を怠らないようにしてください。そのデータをもとに、求めるべき品質を可能にする現実的な基準を定めていきます。

関連記事:作業標準書

PDCA管理サイクルを取り入れる

PDCAとは、計画(Plan)・実行(Do)・検証(Check)・改善措置(Act)の頭文字をとったものです。このサイクルを品質管理に組み込み、製品をより安全に、そして効率的に生産できるようにするとよいでしょう。こうした改善努力により、品質の向上も期待できるはずです。こうしたPDCA管理サイクルは全従業員で行えますから、部署ごとに具体的なテーマを設定して取り組んでいくことをおすすめします。

5S活動の実施

5Sとは、整理(Seiri)・整頓(Seiton)・清掃(Seisou)・清潔(Seiketsu)・躾(Shitsuke)という5つのSのこと。これだけ見ると簡単そうに思えますが、しっかりと継続し続けるのは意外と大変です。目標を掲げるだけでなく、リーダーを指名するなどして率先して現場で実践するように工夫してみてはいかがでしょうか。

関連記事:5S

食品工場 品質管理 求人|業務内容

Indeed【仕事検索エンジン)で検索した食品工場 品質管理 求人の一例は下記のとおり。

食品工場 求人

食品工場 求人

関連コンテンツ