QC、QAエンジニアとは?|仕事業務内容、求人、転職

QC、QAエンジニアとは?

最近、QC、QAエンジニアへのニーズが増加しています。

QCとはQuality Control の略で品質管理の意味です。

またQAとは、Quality Assuranceの略で、和訳すると品質保証という意味になります。

つまりQCエンジニア、QAエンジニアとはシステムおよびソフトウェアの品質に関する専門エンジニアです。QCエンジニア、QAエンジニアの仕事内容と役立つ資格を紹介します。

QC、QAエンジニア業務内容

QC(品質管理)とは、顧客の満足する品質の製品をいかに合理的・経済的に生産するかを考え、製造過程に反映する仕事のこと、それをサポートするのがQC、QAエンジニアです。
一般的に製造業の品質管理は、製造現場と顧客の橋渡しとなり、工場で生産される製品の品質を管理し、品質の向上や品質管理のための全体システムの整備、設計への指示などを担います。

QC、QAエンジニアは部材、部品の品質確保から工場内の品質保証はもとより顧客からのクレームまで対応します。

スポンサーリンク




QC、QAエンジニアのスキル

QC、QAエンジニアに求められる能力、スキルは下記のとおり。
1.リスクを想定し、問題点を見つけ、論理的に解決する能力
2.原因と結果の因果関係を見極める能力
3.製造現場との連携を図りながら仕事を進める能力
4.モノづくりのシステムを把握・構築する能力
5.現場や顧客との柔軟なコミュニケーション能力

QC、QAエンジニアの年収

Indeed【仕事検索エンジン)で検索したQC、QAエンジニアの一例は下記のとおり。

QCエンジニア

QCエンジニア 年収 事例

自営は高額年収が可能

自営のQC,QAエンジニアの年収平均は約550万円です。しかし年収の幅は100~1400万円までと、相当の幅があります。しかし、個人でもしっかりと仕事をこなせば、1000万円を超える年収も可能となるのです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク