QC検定 合格するための勉強法

QC検定学習会

QC検定 合格するための勉強法

スポンサーリンク




QC検定 合格 タイムスケジューム表

朝、勉強した方が良い、書いて覚えるとか方法は色々あり、マッチする人もいるが合わない人もいます。(勉強方法についてはNever まとめ 勉強方法で色々、記載されています)

しかし、万人、共通するのは誰もが所有できる時間、タイムは限られており、受験日も決まっています。

よって何を勉強したいのではなく、限られた時間の中に何を勉強しなければならないかを考え、タイムスケジールを作成することが王道です。

下記の月間予定表をダウンロードしてタイムスケジューム表を作成する事をお勧めします。

2016年月間スケジュール表

QC検定 必須 学習内容

次にQC検定の合格のための学習内容を検討、決めます。

はじめに、基礎知識として必要な項目を学習します。QCストーリーやISOについて、また、QCの七つ道具とは何かなどを学習します。これらを理解する上でQC検定を実施している日本規格協会が発行しているテキスト、問題集が最適です。

QC検定の問題を作成していますので問題の傾向、どのような知識が必要なのか、ということが把握できます。

次に重要な学習内容は現場で使える知恵です。グラフ、表から問題点を検知する能力が必要となります、因って、演習問題と解説が記載されている過去問題集がベストです。

効率的なQC検定勉強方法

QC検定の合格ラインは 総合得点で概ね70%以上です(最近は厳しくなり70% つまり70点に近い)

QC検定の勉強は合格することであり、完璧に学習して100点をとることが目的ではありません、71点で合格しようが、99点で合格しようが、資格として同等です。

2、3級を受験する方は、完璧を目指した勉強方法で時間と労力を使うよりは、予想される問題を何度も過去問題集で解き、徹底的に合格にこだわった合理的な勉強方法をおすすめします。

QC検定試験は70点を取れば合格です、完璧主義だと時間が幾らあっても足りません。

期間内の時間で予想される出題範囲を学習し、自分が得意とする範囲に的を絞り、学習し70点に近づき、足りない点数の部分は問題が容易に解けそうな出題範囲を次に学習しましょう、過去問題に取り組めは自分の得意項目、不得意項目がわかり、現在のレベルも把握できます。

QC検定 合格の為のポイント

(1)日本規格協会QC検定テキストを学習
(2)過去問を解く
(3)自分が不得意とする分野の参考書を学習
(4 )再度、過去問を解く

(5)過去問で70点以上、取れるまで(3)(4)を繰り返す。

受験日のポイント|QC検定試験の傾向

QC検定の2級、3級の受験問題はマークシート方式です。

内容は2級と3級は共通する部分が多いですが、計算問題の割合、グラフから傾向を読み取 る問題が2級の多くを占有します。

3級はQCの七つ道具をきちんと理解しているかどうかを確認する問題が多くを占めます。 また、QCの七つ道具のヒストグラム、グラフ、散布図、特性要因図、パレート図について は、図やグラフから読み取る問題と、理念を問う問題の両方が出されます。

よって、自分でもこれらのグラフが書ける能力が必要です。また、 正誤問題の出題が3分の1くらいありますので紛らわしい言い回しに注意するしてください。

2級は先にも述べたように計算問題の割合が多くを占有します。つまりは、公式や計算法を 覚えておくことが必要です。計算問題は計算機を持ち込むことが許可されている ので、計算法をしっかり理解していれば、計算に時間をとられることはありません。

しかし、回答が選択肢の中にない場合、計算をすることに時間をとられて、文章問題に割り 当てる時間が少なくなります。

2級の場合は、しっかりと時間配分をしながら問題を解いていく必要があると思います。また、公式自体を問う問題もあるので、不明瞭な記憶では解けない問題も多数でてきます。

90分という時間は、あいまいな理解では時間が足りない、または全く分からないため時間 を持て余してしまうということになりかねません。確実に点数を取っていくためには、きっちりと基本を頭にいれておく必要があると思われます。

マークシート方式で正解率を上げる方法

QC検定はマークシート方式なので問題が全然、わからかった場合、下記の方法で正解率をあげられる方法を紹介(但し、自己責任での使用をお願いします)

マークシート

マークシート

ありえない選択肢は真っ先に除外する。

例として4択の問題の場合、当たる確率は25%だが、ありえない選択肢を消去法で除外し、2択にできれば当たる確率は50%になる。

常識的に考えて間違いだと思われる選択肢は正解ではないことが多い。

ただし、引っかけ問題が多い試験ではこのテクニックは使えない。

●文章から判断する

・選択肢の中で、あまりにも長い文章は正解ではない確率が高い。

キーワードありは正解

いくつかの選択肢の中に同じようなキーワードがでてきたら、それらの中のどれかが正解である確率が高い。

「絶対に」の問題は不正解

「絶対に」「必ず」「例外なく」など例外を一切認めない、あるいは範囲を厳しく限定するものは正解ではない確率が高い、世の中には例外のないケースの方が少ない。

「原則として」

「原則として」「○○すればxxになる」「▽▽となる場合がある」など例外を認めるような書き方は正解である確率が高い。

時間節約のテクニック|マークシート用専用シャーペン

マークシート式ではマークシート用のシャーペンを使う。

また、シャーペン芯、鉛筆はHB以上がお勧め。
普通のシャーペンは書いたところが凹んで溝になり、消すのに時間がかかるだけでなく、
芯も細いのでマークするのに時間がかかる。

マークシート専用シャープペン

マークシート専用シャープペン

消しゴム

劣化した消しゴムは使わない、消したところが綺麗に消えず、消すのに時間がかかる。

大きな消しゴムは使わない、細かい作業ができない。

おすすめQC検定 参考書:

スポンサーリンク




スポンサーリンク