QC検定取得のメリット

QC検定メリット

品質管理検定(QC検定)取得のメリット

QC検定を習得する事の利点、メリットは下記の点が上げられます。

スポンサーリンク

品質管理の知識の習得

QC検定を受験すれば、品質管理について、幅広い知識を学習しなければなりません、この資格を受けるためには、品質管理を中心に5W1Hなどの一般知識から統計などの数学の知識まで幅広く学習します。そのため、この資格の学習を通じて得た知識はあらゆる仕事で活用できます。

QC知識

QC知識

就職する際の優れた資格

QC検定を取得すれば会社の採用時や働く上での大切な役割として評価している会社が増加しています。QC検定で学べる5Sや問題解決についての知識は業種や雇用形態を問わず、活用できる知識です。

これから食品、医薬品メーカーなどに正社員として就職したいという方であれば、食品、薬品の検査の仕事につかえる資格なので、採用時にアピールできる一つのポイントとなります。

ほかにも、飲食店などのサービス業でも活用できる手法ですので、お客さんをより満足させるためのサービス改善などに役立てることができます。

即 戦力

即 戦力

QC検定資格と仕事の履歴書

会社の人事の方はQC検定資格の保有者は良い人材を採用する時にひとつの重要なポイントとなります、特に最近の即、戦力で仕事に就く会社の場合、QC検定資格の保有者は既に現場で学ぶべき知識を既に習得しているので他の新入社員の方より一歩、進んでいることになります。

又、ネットでQC検定&仕事で検索すると下記のようにQC検定保有者を優遇する内容の求人が多い。

リクルートエージェント QC検定 資格 仕事1

リクルートエージェント QC検定 資格 仕事1

QC検定と高校生

QC検定で高校生の受験割合は約5%です。特に工業高等学校の学生の割合が高い。

高校生が就職活動をする際に履歴書を書きますがその時にQC検定は有効な自分をアピールできる資格です。

QC検定は国家資格ではありませんが、品質管理について、既に知識をもっています、という証になります、採用側は 入社後、品質管理の教育をする時間は省くことができ即時、戦力化できる利点があるので採用したいと思うでしょう。履歴書にPRできる資格を書きたい、と思っている人にQC検定は最適な資格です。

ジュニアマイスター顕彰制度

QC検定は公益社団法人全国工業高等学校長協会から協賛を頂いているので、QC検定合格を点数加算してジュニアマイスター顕彰制度に申請することが可能です。
(※点数の配分:2級12点、3級4点、4級2点/平成24年度前期区分表による)

参考:ジュニアマイスター顕彰制度とは、工業高校の生徒が、資格・検定の合格を通して身につけた知識・技術・技能を積極的に評価しようというものです。取得した資格や競技会の成績などに点数をつけ、その合計点により 『(社)全国工業高等学校長協会』 が表彰する制度です。

ジュニアマイスター顕彰制度

ジュニアマイスター顕彰制度

関連コンテンツ