動画 やさしい設備診断  | 設備診断技術

スポンサーリンク

設備診断技術 | 振動測定器 | FFTアナライザー

設備の定期的な設備診断を行うことは品質の向上、生産性の向上に繋がります。

具体的な設備診断技術は下記の種類があります。

1.五感による聴診

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚によるもっとも設備診断の基本となる方法

2.簡易振動測定器による診断

振動、音を測定しておき、DATAすることにより、異常の変化をDATAで予知することが可能です。

予知保全は様々な計測器を用いて行われていますが、振動計測は最も広く採用されています。

3.精密測定器による診断(周波数分析器 FFTアナライザー)

機械の発生する振動の周波数を精密測定することにより異常の変化をDATAで予知することが可能です。

動画 やさしい設備診断1 入門編

日本能率協会コンサルティングが提供している動画教材「やさしい設備診断 入門編」のダイジェスト版です。

詳細につき/ましては、「エンジニア・レスキュー」で。
http://e-rescue.jipms.jp

関連コンテンツ