動画 わかりやすい PM分析 | 設備の故障分析、故障解析方法

PM分析 | 設備の故障分析、故障解析方法
スポンサーリンク

PM分析とは? | なぜなぜ分析

慢性不良や慢性故障のような慢性化した不具合を原理・原則に従って物理的に解析し不具合の現象のメカニズムを明らかにしそれらに影響すると考えられる要因を設備上の構造上、人、材料、方法の面からすべてリストアップする方法。

PM分析のPMとは予防保全、生産保全の意味ではなくPにはPhenomenon(現象)、physical(物理的)という意味がありMにはmechanism(メカニズム)machine(設備) man (人)material(材料) method(方法)の意味がある。

さらに詳しい内容は下記のページを参照願います。

PM分析とは | PM分析表 | PM分析実例

動画 わかりやすい PM分析

日本能率協会コンサルティングが提供している動画教材「わかりやすいPM分析vol.­1」(DVD全2巻)のダイジェスト版です。
vol.1は慢性不具合をゼロにする方法を解説。
●PM分析とは
●PM分析の基本的な考え方
PM分析の8ステップ
1.現象の明確化
2.現象の物理的解析
3.現象の成立する条件
4.4Mとの関連性の検討
5.あるべき姿の検討(基準化〕
6.調査方法の検討
7.不具合の摘出
8.復元または改善の実施
●よい分析とは

詳細は、「エンジニア・レスキュー」で。
http://e-rescue.jipms.jp
カテゴリ
科学と技術

関連コンテンツ