動画 油空圧機器の保全コース 

電磁弁の構造
スポンサーリンク

電磁切換弁の作動原理

電磁切換弁とは、電気的駆動弁の一種。電磁石(ソレノイド)の磁力を用いてプランジャと呼ばれる鉄片を動かすことで弁(バルブ)を開閉する仕組みを持つもので、流体(油圧、空圧、水圧など)を通す管での流れの開閉制御に用いられる。

また、電磁パイロット切換弁は、電磁切換弁を操作し、油圧パイロット信号により油圧装置の始動・停止および運動方向を制御するために使用されます。

チェック弁とは、気体用や液体用の配管に取り付けておき、流体の背圧によって弁体が逆流を防止する形で作動する構造にした弁である、逆流防止弁とも呼ばれる。

動画 油空圧機器の保全コース

若手の早期育成やベテラン不在による技能・技術伝承に役立つ油空圧機器保全の知識を身­につけます。

油空圧系統における油空圧機器設置の目的と動作の仕組みについての知識や、日常点検のポイントと起こりやすいトラブルへの対処方法について習得します。

油空圧系統の機器の役割・動作の仕組みに関する基本的な知識を解説します。
CGアニメーション、ナレーション、実写映像を組み合わせ、臨場感をもって解説しています。
説明中に出てくるわかりにくい言葉や専門用語を自由に参照することができ、理解を深めながら学習を進めることができます。

※「JMAM eラーニング ライブラリ」は、
eラーニング全113コースが、インターネットで、1年間、いつでも、
受講できるサービスです。(2012年10月現在)

くわしい情報は、こちらからどうぞ!
http://www.jmam.co.jp/productservice/…

関連コンテンツ