スポンサーリンク

先手管理 First move management【イラスト図解】

先手管理

先手管理 【イラスト図解】

時間のマネジメントのひとつであり、将来を見越して先に行動、対策をすることです、よって予測が的中しない場合、ムダになるリスクもあります。

先手とは

先手の意味は、「他の者より先に始めることや、先回りをして自分の立場を有利なものにすること。」というものになります。

故事成語としては、「先んずれば人を制す」というものがあります。この言葉は、「何事も人より先に行えば、有利な立場に立つことができるというたとえ」という意味です。

先行管理とは来るべき将来に対して備えること、ビジネスにおいて不規則に発生する「異常」に対してあらかじめ予期できる対応を考えて準備する事です。

簡単に言うと外出の際、雨雲が見えたら傘を持って出ることが先行管理す。

ビジネスでの先手管理のメリット

先手管理の場合、後手管理を打ってでた相手が後手というリスクを背負うのに対し、迅速に進めることで先に市場を開拓し、体制を確立できるメリットがあります。

商品、サービスを市場に供給する前にライバル企業を調査して相手が追い付いてこれない状況になってから販売すれば長年、市場を自分のモノにすることも可能です。

ビジネスでの先手管理のデメリット

ビジネスで先行するので開発、開拓するリスクがあり、開発コストもかかります。

相手が先に設計、製造しても販売等の体制が確立してない場合、後発の大企業に市場を奪われるリスクがあり、先行して投資したか開発費用も回収できなくなる恐れも発生します。

そのため、ビジネスにおいては先手で成功するにはライバルが簡単に真似、模倣できない商品、サービス等の開発が必要です。

先手   先んずれば人を制す   早い者勝ち

関連記事:後手管理

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする