スポンサーリンク

ガントチャート gantt chart【イラスト図解】

ガントチャート

ガントチャート

ガントチャートとは

日程管理図表の一種であり、アメリカのガント(H.L.Gantt)が考案した日程計画及び日程管理に使うグラフであり、縦軸に実施項目,横軸に月日をとる。
計画を細線で入れる、実績を太線で記入し,仕事が計画どおり進んでいるかどう
かをチェックする。

ガントチャート

引用:QM用語辞典  日本規格協会

ガントチャートを作る目的

20世紀初頭、大量生産に適した進捗管理方法が求められるようになり、そこで生み出されたのがガントチャートです。

エンジニアであり経営コンサルタントでもあった、ヘンリー・ガントが職場の監督者が現場の作業進捗状況を一目で把握するために考案しました。

現在ではタスクの可視化やメンバー間の情報共有の効率化を目的に、多くの業界で使用されています。

ガントチャートを作成する目的は1つ目はプロジェクトを行う上で必要なタスクを可視化すること、2つ目は情報を共有することです。

タスクの可視化

チーム単位で動く業務の場合、作業ごとに担当や工数を記載したガントチャートを作成することで、プロジェクト全体の作業工程、担当、スケジュール、進捗状況が可視化され、チーム全体の作業進捗状況を一目で把握することが可能になる。

情報の共有

実際の業務においては、変更やトラブルが発生します、ガントチャートを作成していれば、チームメンバー全員がプロジェクトに関する情報を共有できるので、変更やトラブルが起きた際にも即座に対応することが可能です。

また、作業スケジュールに遅れが生じた場合でも、各タスクのスケジュール調整を適宜行うことができます。

ガントチャートを作る

活動計画表を作成する

 活動計画表でもっともよく使われているのがガントチャートです。ガントチャートはガントが考案したツールで、活動計画やプロジェクト管理などに使われる帯状の図表のことです。バーチャートとも呼ばれます。

ガントチャートでは、実施項目を決め、各項目の担当者を選定し、日程を定めて計画表を作成します。活動を進めながら実績も記入します。すなわち、ガントチャートは日程計画と進捗管理の機能を併せ持っているのです。

 

ガントチャートとは?

ガントチャート作成

計画を破線、実績を実線で記入します。計画の線を引くときは、各ステップで何をするのか、どのくらい時間がかかるのか、具体的にイメージしながら線を引きます。うまく計画ができれば、その後の活動もうまく進みます。

ガントチャートの作成

詳細は下記の記事を参照、願います。

関連記事:ガントチャート gantt chart【イラスト図解】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする