言語/language

技術標準

技術標準
技術標準

技術標準    【イラスト図解】

英語:technical standard

中国語:技术的标准

製品規格に見合う品質を作り出すために物、設備、方法、人、測定等についての技術情報を盛り込んだ標準書のこと。

基本技術や繰返し技術を標準化したもの。ボルトなどの締結技術、鋳造などの製造技術、鋼板などの材料技術、実験、解析などの技術、金属などの分析技術、品質、効率などの管理技術などがある。技術を一過性にしないで、長年育てた技術やノウハウを見える形で使いやすくしたもの。経験の浅い人や技術力の低い人でも、高いレベルで短期に効率よい仕事ができる。技術規格や技術基準に大別される。

技術的標準とは

材料・部品・製品・設備・工具など物品について,その種類・形状・寸法・構造・成分・性能・表示などの仕様を定めた規格や物品の設計方法・製造方法(作業条件,作業手順,作業方法など)・管理方法・試験方法・検査方法・包装方法などを定めた標準を包括してさす。

引用先:クォリティーマネジメント用語辞典 日本規格協会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連用語:標準

 

技術標準の利点

互換性と一貫性の確保:

技術標準により、異なる製品やシステム間での互換性が保証されます。これにより、異なるメーカーの製品同士が問題なく連携し、業界全体の効率が向上します。

品質向上:

技術標準は、製品やサービスの品質を一定のレベル以上に保つための基準を提供します。これにより、消費者やユーザーは一定の品質を期待でき、信頼性が高まります。

効率的な生産:

標準化されたプロセスや方法により、製造や開発の効率が向上します。これにより、コスト削減や生産性の向上が期待できます。

技術標準の例は?

基本技術や繰返し技術を標準化したもの。 ボルト、ファスナーなどの締結技術、プレス、鋳造、ダイキャストなどの製造技術、鋼板、アルミ、樹脂、ゴムなどの材料技術、実験、解析などの技術、金属、化合物、排ガスなどの分析技術、品質、効率などの管理技術などがある。

 

技術標準と作業標準の違い

作業標準は、特定の作業やプロセスを実行する正確な方法に関する指示や手順を提供します。これには、タスクを効果的かつ効率的に実行するための具体的なステップ、使用するツールや機器、必要な時間、品質チェックのポイントなどが含まれます。作業標準の目的は、作業の一貫性を保証し、生産性を向上させ、誤りを減らすことにあります。製造ライン上の組み立て手順や品質管理のチェックリストが作業標準の例です。

技術標準と作業標準の主な違いは、技術標準が製品やサービスの品質と互換性に焦点を当てているのに対し、作業標準が特定の作業プロセスの実行方法に焦点を当てている点にあります。

技術標準は、業界全体の基準を設定することが多いのに対して、作業標準は通常、特定の組織やプロジェクト内での作業プロセスを標準化するために用いられます。

技術標準と管理標準の違い

管理標準とはISO 9001のように品質保証の標準のようにマネジメントシステムと称して組織の管理面での標準化を図るものを指す。

省エネ法における「管理標準」においては「事業者がエネルギーの使用の合理化に関する運転・管理計測・記録、保守・点検等を行なうにあたり、当該事業所の用途や規模に応じて自ら定めるマニュアル」であり、「判断基準」を遵守するための工場・事業場ごとの省エネ管理や省エネ活動の手引書となるものです

I

タイトルとURLをコピーしました