スポンサーリンク

ブレインストーミング【イラスト図解】

ブレイン ストーミング

ブレインストーミング(英: brainstorming)あるいはブレインストーミング法(BS法)とは、アレックス・F・オズボーンによって考案された会議方式のひとつ。

集団思考、集団発想法、課題抽出ともいう。日本語では「ブレスト」と略されることがある。JIS Q 31010では「ブレーンストーミング」としている。

引用:『ウィキペディア(Wikipedia)』

「ブレインストーミングの技法」 アカデミック・スキルズ

慶應義塾大学 教養研究センター設置科目 アカデミック・スキルズの授業を映像で視聴可能。

ブレインストーミングとは

ブレイン ストーミング(ブレスト)はひと言で言ってしまえば、集団発想法の1つです、英語では brainstorming(頭脳 嵐)です。

人間がアイデアを作り出すときには脳の中にあるさまざまなアイデアのパーツを組み合わせる作業をするということになります。

この作業を1人の脳だけでやるよりも、複数人の脳を使ってやるほうが多様性があり、良いアイデアが生まれる可能性が高くなります。

たとえば、「自分で考え出せるアイデアだけではもの足りない。それを超えるもっと良いアイデアが必要だ」というときは、何人かで集まってアイデアを出し合います。

これは、仕事だけでなく、社会活動や学びの場など、色々な現場で自然に行なわれていることです。

このみんなで集まってアイデアを出し合う行為に、一定のやり方を定めて「ブレインストーミング」と名づけたのが、アメリカの広告代理店の副社長をしていたアレックス・F・オズボーン(1888~1966年)です。

ブレインストーミングとは

F・オズボーンがブレストの原型となるものを実施したのは、1930年代の後半のことだといわれています。

ブレストが多くの現場で使われるようになるにつれて、オズボーンの定めたやり方だけではなく、みんなで集まってアイデア出しをする行為そのものが「ブレインストーミング(ブレスト)」と呼ばれるようになりました。

オズボーンはブレストを「小1時間の創造的な話し合い」という風に述べています。

彼はブレストにいくつかのルールを作りました。たとえば、「質にこだわらずたくさん出そう」「他人のアイデアを批判しないようにしよう」などといったことです。

要は「参加者全員が創造的イマジネーションを発揮しやすいように、安心・安全な心理状態にいられるようにするための、話し合うときのルール(注意)を決めることです。

ブレインストーミングとは

簡単にブレストのやり方を説明すると

①3~6人で1つのテーブルに集まって、全員がペン、付箋、ノートなどを用意する。

②進行役を決めて、書記役の人がホワイトボードの前に立つ。

みんなが思いついたアイデアをどんどん出していく。付箋に書き出したり、発言を書記役の人がホワイトボードに書き出していくのが手順です。

ブレインストーミングとは

ブレストの基本的な進め方

基本のブレストの進め方は下記のとおり。

ブレスト準備

①ブレストのテーマオーナー(テーマを持ち込む人)がメンバーに参加を依頼。

②資材を準備、付箋、ノート、ペン、ホワイトボードなどの筆記用具、そして場合によっては、飲み物や休憩時につまむお菓子なども。

③誰か1人がファシリテーター(進行役)になり進行をリードします。

ブレストの基本的な進め方

テーマの紹介

①ブレストのテーマを持ち込む人が全員にアイデアを出してもらいたいテーマを紹介します。

たとえば、「○○を△△するには、どうすればいいか?」とか「新しい○○のアイデアについて」などというテーマをホワイトボードの上のほうに大きく書くなどして、みんなの目に入るところにはっきりと掲示します。

みんなでテーマについて質問したり、アイデアを考えるにあたって必要な背景などの情報を追加で聞き出したりして、全員がテーマを理解するようにします。

ブレストのテーマを紹介

発想し、発言し、書き出す

ブレストを開始します。参加者はアイデアを思いついたら即座に発言します。順番に発言するとか、偉い人から先に話すというようなルールや忖度はなしで、とにかく思いついた人からどんどん発言、書き出します。

誰かのアイデアを聞いているうちに、それに触発されて、派生のアイデアが思い浮かんだら、それも発言、書き出します。

書記役の人は、あがってきたアイデアをホワイトボードに書いていきます。書記役がいない場合は各自がポストイットに書き留めます。

一方、ファシリデーター(進行役)は、創造的な会話がしやすくなるように、場の雰囲気づくりや発言をうながしたりします。

最終まとめ

ブレストが終了したらテーマオーナーは、出て来たアイデアを見て、記憶が新鮮なうちに、ホワイトボード上のアイデアリストを写真を撮るか書き出します。

ブレストの最中に書かれたものはいわば“速記メモ”なので、必要に応じて言葉を補って書いておかないと、あとで内容を思い出せなくなったりするので、アイデアが集まったらすぐに整理するようにします。

また、テーマオーナーは、発言者に質問したいことがあれば、場を終了する前に聞いておきます。

終了にあたって、テーマオーナーは参加者にお礼を言います。そして、皆で会場を片づけます。

アイデアリストを写真を撮る

スケッチブック・ブレストの進め方

全員が参加し、時間もかからず、簡単にアイデアが出せるA4、B4用紙を使用したスケッチブック・ブレストの進め方は下記のとおり。

スケッチブック・ブレスト準備

①ブレストのテーマオーナー(テーマを持ち込む人)がメンバーに参加依頼。

②スケッチブック又はA4、B4用紙、ペン、ホワイトボードなどの筆記用具。

③誰か1人がファシリテーター(進行役)になり進行をリードします。

スケッチブック・ブレストの進め方

ブレスト テーマの紹介

①ブレストのテーマを持ち込む人が全員にアイデアを出してもらいたいテーマを紹介します。

たとえば、「○○を△△するには、どうすればいいか?」とか「新しい○○のアイデアについて」などというテーマをホワイトボードの上のほうに大きく書くなどして、みんなの目に入るところにはっきりと掲示します。

みんなでテーマについて質問したり、アイデアを考えるにあたって必要な背景などの情報を追加で聞き出したりして、全員がテーマを理解するようにします。

ブレスト テーマの紹介

ひとりで着想し、発表

はじめに一人でアイデアをじっくり考えてスケッチブックに書き出し、次にひとりずつ、スケッチブックに書いたアイデアを発表します。

誰かのアイデアを聞いているうちに、それに触発されて、派生のアイデアが思い浮かんだら、それも書き出します。

ファシリテーター(進行役)の人は、あがってきたアイデアをホワイトボードに貼り付け、更に創造的な会話がしやすくなるように、場の雰囲気づくりや発言をうながしたりします。

ひとりで着想し、発表

スケッチブックへのアイデア記入方法

一番上にアイデアの内容を簡潔に表現した、タイトル名を記入。

次にタイトルと内容を区切る為に太線を引きます。

そしてその下に箇条書きでアイデアの補足内容を記入、空いているスペースにはイラスト、図を入れます。

ブレスト 最終まとめ

ブレストが終了したらテーマオーナーは、出て来たアイデアを見て、記憶が新鮮なうちに、ホワイトボード上のアイデアリストを写真を撮るか書き出します。

ブレストの最中に書かれたものはいわば“速記メモ”なので、必要に応じて言葉を補って書いておかないと、あとで内容を思い出せなくなったりするので、アイデアが集まったらすぐに整理するようにします。

また、テーマオーナーは、発言者に質問したいことがあれば、場を終了する前に聞いておきます。

終了にあたって、テーマオーナーは参加者にお礼を言います。そして、皆で会場を片づけます。

アイデア リスト

Zoomによるオンライン・ブレストの進め方

オンラインでブレーンストーミングする一番簡単な方法はZoomGoogleスライドを使用する方法です、スケッチブック、ポストイットの代わりにGoogleスライドを用います。

zoomによるオンライン・ブレストの進め方

Googleスライドを共有化

Googleスライドはファイルを共有設定をすることで他の人とファイルを共有をすることができます。

①共有化ボタンを押す。

Googleスライドを共有化

②共有したいユーザーを追加して送信ボタンを押す。

Googleスライドを共有化

Zoomでテーマの紹介

①ブレストのテーマを持ち込む人が全員にアイデアを出してもらいたいテーマを紹介します。

たとえば、「○○を△△するには、どうすればいいか?」とか「新しい○○のアイデアについて」などというテーマをホワイトボードの上のほうに大きく書くなどして、みんなの目に入るところにはっきりと掲示します。

みんなでテーマについて質問したり、アイデアを考えるにあたって必要な背景などの情報を追加で聞き出したりして、全員がテーマを理解するようにします。

Zoomでテーマの紹介

ひとりで着想し、発表、デスカッション

はじめに一人でアイデアをじっくり考えてGoogleスライドの共有ファイルに書き出します。
次にひとりずつ各人が書いたアイデアをZoomで発表、デスカッションします。

誰かのアイデアを聞いているうちに、それに触発されて、派生のアイデアが思い浮かんだら、それもGoogleスライドに書き出します。

ファシリテーター(進行役)の人は、あがってきたアイデアを更に創造的な会話がしやすくなるように、場の雰囲気づくりや発言をうながしたりします。

ひとりで着想し、発表、デスカッション

Googleスライドへのアイデア記入方法

一番上にアイデアの内容を簡潔に表現した、タイトル名を記入。

そしてその下に箇条書きでアイデアの補足内容を記入、空いているスペースにはイラスト、図を入れます。

Googeスライドへのアイデア記入方法

Zoom  ブレスト 最終まとめ

ブレストが終了したらテーマオーナーは、出て来たアイデアを見て、記憶が新鮮なうちに、Googleスライド上のアイデアリストを保存します。

必要に応じて言葉を補って書いておかないと、あとで内容を思い出せなくなったりするので、アイデアが集まったらすぐに整理するようにします。

また、テーマオーナーは、発言者に質問したいことがあれば、場を終了する前に聞いておきます。

終了にあたって、テーマオーナーは参加者にお礼を言います。そして、皆で会場を片づけます。

誰でもブレストができる大切なポイント

ブレインストーミングでアイデアを出すためにはメンバーが集まり、テーマに沿ったアイデアを出そうとしても、中々 良いアイデアが次々と出てこず、唯々、ボケーとした状態が続き、ムダな時間が過ぎるのが実情ではないでしょうか?

アイデアを全員でデスカッションしながら行うで多くのアイデアが創造的に出すブレインストーミングで大切なポイントはテーマを具体的なテーマにして考えることです。

例えば新ダイエット商品の開発する場合、テーマを『新ダイエット商品の開発』とするより『中高年女性向けの新ダイエット商品の開発』にした方がより、テーマのイメージが具体化して、良いアイデアが出しやすくなります。

又、ダイエットするには『食事制限』『運動』『サプリメント』色々な方法があり、ダイエット方法から色々なアイデアを出して商品を開発することもできます。

情報を明確に伝達するツールとして5W+1Hという手法があり、下記の要素を意識して文章作成、伝達すれば物事を明確に具体的に伝えられるようになります。

①なぜ?(Why)

②誰?(Who)

③どこで?(Where)

④いつ?(When)

⑤何を(What)

⑥どのように?(How) 

この 5W+1H利用してテーマを具体化して、対象を絞り込むことによりアイデアを創出しやすくなります。

特にメンバーが初心者で初めてブレストを使用してアイデアを出す場合には5W+1Hがキーワードになり、初心者でもアイデアが出しやすくなります。

発想視野を大きく広げるためには、一旦、そうしたやり方から離れて、今ある製品やサービスを別の角度からとらえ直すことが必要になります。その際に有効な発想のフレームが5W1Hというわけです。

いつ、どこで、誰が、なぜ、……といった「問い」を投げかけることで、新しいものの見方が生まれます。

5W1Hを発想のテコにすれば、今までにまったくなかった新しい価値を持つ製品やサービスが生まれる、というわけです。

ブレスト 5W+1H

なぜ?(Why)

なぜ?(Why)だけはブレストのテーマを持ち込む人がその目的をメンバー全員に分かり易く説明します。

例えば会社の研究所で肥満防止に効果がある薬が開発されたのでそれを商品開発したいとか、ヨガによるダイエットが流行しており、ヨガ呼吸に関連した商品、サービスを開発したい等です。

メンバーはその目的をよく理解してから

誰? 何処? 何時? なに? どのように?

のアイテム毎に色々なアイデアをデスカッションしながら出していきます。

対象者(人)は誰?(Who)

ブレインストーミングを行う際はテーマの対象が誰なのかを明確にしたほうが質の高いアイデアが創造できます、具体的には性別、年齢別、国別、種族別です。

ダイエットの新商品を開発する場合 ターゲットとする対象者が男性か女性かでは異なったアイデアが出しやすくなります。

この時に対象者が少なくても逆にそれを利用してニッチ(niche:隙間)市場に適したアイデアがでやすくなります。

対象者が多い、少ないかではなく、如何に対象者に適してたアイデアであるかがキーポイントになります。

例えば 『新ダイエット商品開発』のテーマで考えるより対象を絞り『新ダイエット商品開発』+『中高年女性』で考えた方が独創的なアイデアが出しやすくなります。

アイデアが思い浮かばない時は次の対象者、『中高年男性』で考え、次々と対象者を替えながら良いアイデアを出していきます。

人(Man)は誰?  ブレインストーミング

対象は何処?(Where)

ブレインストーミングを行う際はテーマの場所が何処かを明確にしたほうが質の高いアイデアが創造できます、具体的には家庭内、会社、工場、学校、ジム及び県別、国別です。

ダイエットの新商品を開発する場合 ターゲットとする場所が家庭か会社かでは異なったアイデアが出しやすくなります。

この時に対象者が少なくても逆にそれを利用してニッチ(niche:隙間)市場に適したアイデアがでやすくなります。

対象者が多い、少ないかではなく、如何に対象の場所に適してたアイデアであるかがキーポイントになります。

例えば 『新ダイエット商品開発』のテーマで考えるより対象を絞り『新ダイエット商品開発』+『会社』で考えた方が独創的なアイデアが出しやすくなります。

アイデアが思い浮かばない時は次の場所で考え、次々と場所を替えながら良いアイデアを出していきます。

何処?  ブレインストーミング

対象はいつ?(When)

ブレインストーミングを行う際はテーマの時期が何時かを明確にしたほうが質の高いアイデアが創造できます、具体的には朝晩及び春夏秋冬等です。

ダイエットの新商品を開発する場合 ターゲットとする期間、時期が夏か冬では異なったアイデアが出しやすくなります。

この時に対象者が少なくても逆にそれを利用してニッチ(niche:隙間)市場に適したアイデアがでやすくなります、対象者が多い、少ないかではなく、如何に対象の期間、時期に適してたアイデアであるかがキーポイントになります。

例えば 『新ダイエット商品開発』のテーマで考えるより対象を絞り『新ダイエット商品開発』+『冬期 ウィンターシーズン』で考えた方が独創的なアイデアが出しやすくなります。

アイデアが思い浮かばない時は次の時期、期間で考え、次々と時期、期間を替えながら良いアイデアを出していきます。

いつ? ブレスト

対象は何?(What?)

ブレインストーミングを行う際はテーマの対象物が何かを明確にしたほうが質の高いアイデアが創造できます、具体的にはマシンんなのか、道具なのか又はサービスなのかです。

ダイエットの新商品を開発する場合 ターゲットとする商品にはマシン、道具、薬及びサービスがあります。

この時に対象者が少なくても逆にそれを利用してニッチ(niche:隙間)市場に適したアイデアがでやすくなります、対象者が多い、少ないかではなく、如何に対象物に適してたアイデアであるかがキーポイントになります。

例えば 『新ダイエット商品開発』のテーマで考えるより対象を絞り『新ダイエット商品開発』+『マシン』で考えた方が独創的なアイデアが出しやすくなります。

アイデアが思い浮かばない時は次の対象物で考え、次々と良いアイデアを出していきます。

ブレストのテーマの方法は?

ブレインストーミングを行う際はテーマの対象がどのような方法明確にしたほうが質の高いアイデアが創造できます。

ダイエットの新商品を開発する場合、ネットで検索すればわかるようにダイエットの方法は色々あります。

たとえは『食事』『運動』『レシピ』『サプリ』『呼吸』『ヨガ』等々

この時に対象とする方法がメインでなくとも逆にそれを利用してニッチ(niche:隙間)市場に適したアイデアがでやすくなります。

方法が多数派、少数派に関係なく、如何に対象とした方法に適してたアイデアであるかがキーポイントになります。

例えば 『新ダイエット商品開発』のテーマで考えるより方法を絞り『新ダイエット商品開発』+『運動』で考えた方がアイデアが出しやすくなります。

アイデアが思い浮かばない時は次の方法、『レシピ』で考え、次々と方法を替えながら良いアイデアを出していきます。

ブレストのテーマの方法は?

5W+1H利用してテーマを具体化して、対象を絞り込むことにより独自のアイデアを創出するときには下記のテーブル表を参考してください。

ブレスト発想テーブル表

ブレスト アプリ 紹介

インターネットには無料で簡単にブレストが作成できるアプリがあります。

ブレスト作成アプリの中でお勧めはGitMindです。完全無料で利用でき、アプリとWebの間でデータ同期でき、いつでもどこでもブレストを行うことが可能です。

又、Lucidsparkも人気のブレスト作成アプリです。

GitMind

紙やペンなどがない場所でもスマホ1台でブレストを捗らせることができます。

iOSとAndorid両方に対応している、完全に無料で利用できるアプリです。

GitMindは、オンラインで使えるフリーマインドマップWebツール。シンプルで操作しやすいインターフェイスを備えており、ビギナーでも簡単に使えます。情報整理やブレインストーミングには非常に便利。ほとんどの操作はマウスでできますので、ブレイン ストーミングのやり方は非常に簡単です。

ブレスト アプリ 紹介  GitMind

ブレスト アプリ 紹介  GitMind

GitMind 使い方

GitMindは、創造的且つ効率的なマインドマップツールです。様々なテーマとテンプレートにより、ユーザーはマインドマップ、組織図、システム構造図、人物関係図、フィッシュボーンダイアグラムなどをすばやく書くことができます。また、このマインドマップWebツールはマインドマップを友人や同僚と共有し、さらに共同編集ができます。作成したマインドマップは自動的にローカルに保存したり、出力したりできます。Windows、MacOS、またはスマホを対応しています。

①GitMindの公式ページを開いて「オンラインで始める」をクリックするとマインドマップ作成の画面へ飛びます。

②「メインテーマ」をダブルクリックして、トピックを入力。

③「共同編集者を招待する」ボタンをクリックして招待リンクとコードを取得し、共同編集者に送ります。

④「同意」をクリックして、ほかの編集者の編集を許可します。それで、ブレストを開始します。

⑤完了したら、「エクスポート」をクリックしてファイルを画像などで出力します。

下記はGitMindを使用したブレストの参考事例です。GitMindを使用したブレストの参考事例

Download on the App StoreGoogle Play で手に入れよう

動画 GitMind 使い方

GitMindは、マインドマップ、フローチャート、組織図、タイムライン、フィッシュボーンチャートなどを使ってアイデアをキャプチャ、整理、共有するのに役立つマインドマッピングおよびアイデア管理ソフトウェアです。

Lucidspark

Lucidsparkは、会議、テレワーク、研修、セミナーやワークショップに最適なクラウド型コラボレーションワークスペースです。

公式サイト:Lucidspark

ブレスト アプリ  Lucidspark

Lucidspark ブレスト 使い方

Lucidsparkの無料トライアルでメールを登録してフリーでブレストを作成する。

登録後に文書をクリック。

Lucidspark ブレスト 使い方

次に新規ボタンを押してLucidsparkの空白のホワイトボードを選択し、付箋をクリック。

付箋の色、テキストを入力し、色々なアイデアを記入する。

動画 lucidspark  ブレインストーミング作成

オンラインでブレインストーミングできる、ツール「lucidspark」で、ブレインストーミングで使う付箋の使い方の基本的なことについて解説しています。

ブレスト まとめ

アイデアをメンバー全員で創造するブレスト事、ブレインストーミングは天才でなくても色々なアイデアを出せます。

諺で言うと『三人寄れば文殊の知恵 』です。

ブレストの大事なポイントはメンバー全員が自由にお互い意見が言え、フレンドリーな関係、職場であることです。

その時、役に立つ知識、スキルが『ファシリテーション

北朝鮮のように将軍様の様子をばかりを伺っていては良いアイデアは発想されません。

関連記事:ファシリテーション入門【イラスト図解】~驚くほど会議の成果を上げる技~ 

三人寄れば文殊の知恵

スライドシェア 無料ダウンロード 資料

スライドシェアから無料で資料がダウンロードできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする