ワークサンプリング法

スポンサーリンク

ワークサンプリング法(WS法)とは?

WS法はIEの中で稼働分析の手法として用いられる。稼働とは『稼げる人』『稼げる設備』の動きである。

稼げる作業と稼げない作業を分析し、どれだけの時間をかけているかを定量的に測定し分析し、生産システムの改善を図る。

稼働状況は二つに大別される。

1x1.trans ワークサンプリング法

1)稼働分析

稼働分析とは一日にわたって人、設備の稼働状況を観測し、その活動内容の時間的構成比率を統計的に推測し、把握する手法である。

稼げる作業と稼げない作業を分析し、どれだけの時間をかけているかを定量的に測定し分析し、生産システムを改善する。

1x1.trans ワークサンプリング法

2)WS法の特徴

WS法とは一定の時間内に人、機械を何回か瞬間的に確認して統計的の稼働状況を確認する方法である。

具体的にいえば100回観測中80回稼働状況にあった場合、稼働率を80%と推定する。

母集団から一回の仕事をサンプリングしてそのサンプルから母集団を推定するため、連続時間観測法に比較 して手間がかからず、職場全体の稼働状況を業務上、差し支えない精度で把握できる。

3)WS法の進め方

1x1.trans ワークサンプリング法

4)ワークサンプリング事例:

スポンサーリンク

1x1.trans ワークサンプリング法

稼働分析

1x1.trans ワークサンプリング法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする