アロー・ダイヤグラム法|PERT図

アローダイヤグラム 

アロー・ダイヤグラム法とは|矢線図

アロー・ダイヤグラム法とは、問題を解決する方策を実行する日程計画を立てるのに、アロー・ダイヤグラムを用いる手法です。
アロー・ダイヤグラムは、PERT(Program Evaluation and Review Technique)で使われる日程計画ためのネットワーク図で、複数な作業が複雑に込み入っている場合に用いられます。各作業の最速日程最遅日程を見積もり、最速日程と最遅日程が同じとなる経路をクリティカル・パス( critical path )といい、これを重点管理することによって日程の遅れを解消する手法で、各作業の進度管理にも活用できます。

英語:Arrow diagram method

スポンサーリンク

アロー・ダイヤグラム法 作成 要点

工程の把握

課題を達成するために必要な作業を摘出し、所要時間・先行作業・後続作業をカードに記人します。

アロー・ダイヤグラムの作成

作業の順序に力ードを配置します。このとき、重複するカードは除去し、不足分は補充します。配置が決まったら、結合部を○で結びます。また、並行作業は実線で結ぶとともに、制約条件であるダミーは破線で結びます。

最速日程、最遅日程の計算

最初の結合点のマス目の上側に「○」を記入し、順次作業の順番に作業時間を加算して、各結合点のマス目の上側に記入します。並行作業やダミーがあるときは数値の大きいほうを記入します。なお、ダミーの作業時間は「○」です。
最終作業の完了時間を基準にして、作業の後ろのほうから順次作業時間を差し引いて、結合点のマス目の下側に記入します。当然、最初の結合点の最遅日程はO」となります。

工程の短縮

取速日程と最遅日程が同じになっている経路がクリティカ・パスです。 クリティカル・パスを管理することによって、遅延することなく作業が完了することになります。

アローダイヤグラム1

アロー・ダイヤグラム法 作成 事例

目的と対象範囲

アロー・ダイヤグラムを作成する目的を決めます。目的とは、「工程の管理」「工程の短縮検討」「工程の問題点抽出」などです。

目的が決まれば、目的に対して対象となる工程の範囲を設定します。作成する範囲は、自部門だけでなく、その仕事がスタートしてから完了までとし、必要に応じて前工程や後工程も対象範囲に入れます。

ここでは、毎月開催する技術検討会議の準備を行うことを目的に、アロー・ダイヤグラムを作成することにしました。対象範囲は、開催する事務局が作業を始める時点から会議の開催までと設定しています。

アローダイヤグラム 目的と対象範囲

作業列挙

計画を進めていくために必要な作業を列挙します。
記入する作業は、作業名所要日数(時間)を明確にします。そのとき、作業の進行に対して、制約条件「○○作業ができなければこの作業はかかれない」といった直列性のある作業と、「この作業は○○作業と並行にできる」といった並行作業を明確にします。

作業名はできるだけ細分化し、具体的に表示します。
作業名を書き出すとき、作業手順書や業務フロー図を参考にしますが、実際に行っている作業を書き出すことがポイントです。そのため、関係者に直接聞いたり、作業の実態を調査します。これらの作業名を書き出すときに同時に所要曰数(時問)も記録していきます。

ここでは、会議の準備に向けて、6つの段階で各作業と所要日数を書き出しています。

アローダイヤグラム 作業列挙

作業の順序関係

各作業の位置を決めます。位置が決まれば、結合点矢線、ダミーを書き入れて作業名を記入します。結合点には、結合点番号を記入します。結合点番号は1からはじまる正の整数を用い、作業が進むにつれて大きな番号を記入していきます。

作業ごとに所要日数(時間)を見積り、作業名の下に記入します。所要日数(時間)は、次の事項に留意して見積ります。
①作業の所要日数(時間)は、いずれも正味の所要日数(時間)を見積ります。

「待ち時間」を忘れずに組み込みます。
③所要日数(時間)にばらつきがある場合には、平均値を記入します。

作業の所要日数(時間)の場合、正味所要日数(時間)を見積つていますので、スケジュールとして管理していくときには、土・日曜日や祭日などを考慮します。

アローダイヤグラム 作業の順序関係

結合点番号付与

矢線を引いたら、もう一度作業間の前後関係を確認します。新たに、ダミーが必要な部分が見つかったり、作業の抜け落ちがあった場合、アロー・ダイヤグラムを修正します。矢線の記入は、できる限りシンプルにします。そのポイントは、次のとおりです。

①1組の結合点は1つの作業・実施事項を表す。
2つの結合点間に2つ以上の作業がある場合、“ダミー”を挿入します。ダミーとは、仕事を行わない経路です。

②ループをつくらない
アロー・ダイヤグラムはフローチャートと異なり、作業・実施事項を目的達成のために時系列従属関係で前進させます。

③不必要なダミーを使わない
不必要なダミーがあると、結合点日程の計算まちがいの原因にもなります。

アローダイヤグラム 結合点番号付与

結合点日程計算

最早結合点日程

最早結合点日程とは、その結合点から始まる作業が開始できるもっとも早い日程で、着手可能日ともいえます(下図の上段の日程)。

結合点①の○日よりスタートし、順次、所要日数(時問)を加算していきます。
注意すべき点は、2つ以上の矢線が入り込む結合点⑥です。計算上③→⑥の35日と⑤→⑥の30日がありますが、最大値をとって35日とします。

最遅結合点日程

最遅結合点日程とは、その結合点で終わる作業が遅くとも終了していなければならない日程で、完了義務日程ともいえます(下図の下段の日程)。

結合点⑦の55日よりスタートし、順次、所要日数(時間)を減算していきます。
注意すべき点は、2つ以上の矢線が出ている結合点②です。計算上③→②の10日と④→②の15日がありますが、最小値をとって10日とします。

アローダイヤグラム 結合点日程計算

クリティカル・パス 明記

手順5で計算した最早結合点日程と最遅結合点日程が同じ作業を結んだ矢線がクリティカル・パスです。クリティカル・パスは始点から終点までの最長日数の経路で、余裕のない作業をつないだ経路です。

このクリティカル・パス上の作業が遅れると、全工程の完成日に影響を及ぼすことになります。特に管理しなければならない重要なポイントになります。
ここでは、「概要決定」→「会場探し」→「案内作成」→「開催案内」→「資料コピー」→「開催準備」の作業がクリティカル・パスになります。
クリティカル・パスは大線で表示したり赤色を付けたりして目立つようにします。

アローダイヤグラム クリティカルパス明記

日程の短縮

アロー・ダイヤグラムで日程の短縮を検討することができます。
11日後に開催される会議を問題なく準備できるよう、アロー・ダイヤグラムで工程を管理していました。ところが、会議の開催が3日早くなったことから、工程の短縮を検討することになりました。

まずは、クリティカル・パスに着目します。3日かかる会場探しをインターネットを使い2日間で探すことにしました。さらに、「会場探し」「案内作成」「出席者抽出」の各作業をメンバーが手分けして並行作業で行うこととし、「開催案内」を仕事に余裕のある隣の係にお願いすることにしました。

その結果をアロー・ダイヤグラムに表してみると、3日短縮できることがわかりました。

アローダイヤグラム 日程短縮

参考文献:
図解 よくわかるこれからの品質管理 著者:山田 正美

図解入門ビジネス新QC七つ道具の使い方がよーくわかる本 著者:今里健一郎

関連コンテンツ