作業標準書の作成| 業務マニュアル作り方【図解】

女性作業者

パッと読むための見出し

作業手順書とは?|作業標準書|SOP

(英語:Job instruction sheet) 作業者に作業標準を基づいて作業の仕方を示した指導書。作業するうえで守らなければならないルールやコツをまとめたもの。部品の持ち方、持つ位置、組み付け基準、使用する工具検査規格を記載。

作業指示書、作業要領書、製品標準書、標準作業手順書も意味は作業標準書の事です。

また、作業標準書をSOPと呼んでいる会社、団体もあります。(SOPとは、Standard Operating Proceduresの略)

作業標準(英語:Manufacturing Standard)作業条件、作業方法、管理方法、使用材料、使用設備その他の注意事項などに関する基準を定めたもの。 作業指導書、作業手順書、作業マニュアルも作業標準書のひとつ、職場、会社ごと名称が異なるだけ。 基本的な作成方法、使用方法は同じです。

スポンサーリンク

作業標準書、作業手順書 エクセル テンプレート

エクセルで作業標準書(作業手順書、作業指示書)のテンプレート(フォーマット)を作成しました。

画像をクリックすると原紙がダウンロード可能です。

作業標準書

作業標準書 フォーマット

マニュアル、イレギュラー、作業手順の意味

マニュアルの意味|作業標準書|作業要領書

通常、会社、工場においてマニュアルと言っているは作業標準書、作業手順書、作業要領書のことであり、所属する会社、団体よって呼び名が違う。

語源の英語のManualは小冊子、便覧、案内書、手引きの意味である。

イレギュラーの意味|作業標準書

会社、工場でのイレギュラーの意味は作業標準書等の決められたルール、規則に違反した行為、製品を表現している。

元々の英語 irregularの意味は「不規則な」、「変則的な」の意味。

よって、イレギュラーな作業をしないようにマニュアルを作成し、順守しなければならない。

作業手順の意味|作業標準書

製品及び部品をつくる順序、方法のこと、また標準作業とは安全で品質の良い製品、部品を効率的に生産する為の部品の持ち方、持つ位置、組み付け基準等の順序、作業方法のこと。

QC工程表と作業標準書及び作業工程表

製品を設計で開発し、その製品を生産する為に設備、治具を生産技術で検討、製作、そして製造技術で試作品を検討し、最終的に製造で量産を行うのが基本的なものづくりの流れです。

品質の安定した製品を生産する為に5M(人、設備、方法、材料、測定)のバラツキのポイントを一目で把握できる手段としてQC工程表が作成されます。

いわば、QC工程表は生産ラインのものづくりの基本のデザイン図です、これをみえれば一目で工程の管理すべきポイントがわかります。

しかし、QC工程表だけでは各工程のものづくりの詳細ポイントのまではわかりません。作業者がわかりやすく、作業方法を記載したのが作業標準書です。

QC工程表は管理者、監督者そして作業標準書は作業者の為の標準書です。

QC工程表と作業標準書

QC工程表と作業標準書

関連記事:QC工程表の作成と活用、事例

また、QC管理表、作業手順書と良く間違いやすい言葉として作業工程表があります。

作業工程表の本来の意味は①工事の施工順序を表にしたもの②一個の製品を加工していく過程を示した表で時間を基準としたタイムスケジュールです。

作業工程表

作業工程表

なぜ、作業標準書が必要か | 作業マニュアル作成

作業標準書がないと下記の問題が発生する。

1)作業者の作業方法ばらつきによる品質トラブル、標準時間(ST)のバラツキによる生産台数の低下。

2)GOOD作業の未把握、未確定。

3)文書化していないと正確に伝達できない。

4)工場技術ノウハウの継承ができない。

5)作業改善する場合の各担当、部署間の情報の共有がしにくい。

6)新人作業者に正確に指導、教育できない。

7)不良品がお客様に流失する。

8)お客様からの品質保証文書の要求に応えられない。

作業標準書の目的 | マンマシーン用作業指示書

作業標準書は現場の作業の質の安定化、製品品質のバラツキを抑える為に行う、標準的な作業内容を記載した文書である。

・作業の安定化

・製品品質のバラツキ減少

・納期確保 ・コスト削減

作業標準書の目的 | 文書管理システムのいち手段 | 製品品質のバラツキの安定化

作業標準書の目的 | 文書管理システムのいち手段 | 製品品質のバラツキの安定化

 作業標準書の種類 安全作業用| 作業管理用

作業標準の種類は作業の管理、品質の管理、設備の管理に分けられる。

①作業管理用: 作業の質の安定による作業性、製品品質、コスト、納期の安定、向上を目的としている。 対象範囲としては加工、組み立て工程用の作業標準書等である。

②品質管理用: 検査業務が中心となり、作業標準化により適切な検査を実施することが可能となり、不良の流失を阻止できる。受け入れ検査用、工程内検査用、完成品検査用に分けられる。

③設備管理用: 設備を正しく操作し、適切に保全することが目的である。 各設備毎の設備操作・作業標準書及び点検チェックシートで対応する。

作業標準書の種類 | 作業管理用 | 品質管理用 | 設備管理用 | 安全管理用

作業標準書の種類 | 作業管理用 | 品質管理用 | 設備管理用 | 安全作業用

安全作業の標準作業書|安全作業手順書

良い製品そして生産性を向上させる標準作業書を作成する場合、一番に優先して作成するべき作業標準書は安全作業手順書です。

作業が安全で衛生的な環境で作業できるように安全作業手順書を作成します。

体裁だけ整っていれば良いというものではなく、真に作業者の立場に立たった もので、しかも作業効率が良い、安全作業でなりません。

下記はプレス事故防止の為に安全作業手順書の事例です。

プレス事故

プレス事故

プレス 安全 作業標準書

プレス 安全作業標準書

関連記事:労働安全衛生

基礎からわかる作業手順書―安全作業に活かす実践ノウハウ|おすすめBOOK

作業標準書の書式|手順書 フォーマット

作業標準書の決められた様式はないが参考に部品の組み立て作業の作業標準書を右に記載する。

①様式の項目の書き方 ①製品名:加工しようとする製品名を記入する。

②製品番号:対象とする製品の固有品番を記入する。

③工程番号:QC工程表から転記する。

④工程名:作業標準を必要とする工程名を記入する。

⑤使用材料、部品:その工程で使用する材料、部品を記入する。

⑥使用設備、治具:その工程で使用する設備、治工具を記入する。

⑦作業手順:この工程で行う作業の内容をステップ毎に記入する。

⑧主なポイント:重要なポイントを記入、略図、写真、イラストで理解しやすいようにする。

作業標準書の様式 | 様式の項目の書き方 |サンプル

作業標準書の様式 | 様式の項目の書き方 |サンプル

 作業手順書のつくり方 、書き方|作業標準書

作業手順書(作業指示書)の書き方は下記のとおりです。

①表現が簡潔であり分かりやすい。 箇条書きで短い文章で的確に内容を表現、「です、こと」等の言葉は不要。

②読み物ではなく視覚で分かりやすく。 イラスト、写真で視覚で内容が即時、わかるようにする。

③抽象的でなく、具体的であること。 抽象的事例:『炉の温度を40℃に設定する』 具体的事例:具体的に書く『ダイヤルA切り替え、計器Bのメモリを40°になるようにバルブCを調整』 又、官能検査の場合は見本を作成し、具体化させる。

④前後工程の抜けがないこと。 前後工程を良く調べ、前工程、本工程、後工程の間に抜けがないか確認する。

⑤初めから完璧を求めない。 仮でも良いのでまずは作成し、その後、改訂しいくようにする。 ⑥工程リーダー(班長)が作業者へ作業説明する時の資料とする。

作業標準書は作業者に工程リーダーが説明する際の資料として簡潔に作成する。

作業標準書の作成部署 | 生産技術課 – 品質保証部

作業標準書は生産技術資料である。 作業標準書の作成部門としては下記のどれかが担当する。

作業標準書の作成部署 | 生産技術課 - 品質保証部

作業標準書の作成部署 | 生産技術課 – 品質保証部

作業標準書の使い方 | 作業手順書の活用

1.作業標準書は現場リーダーと作業者が使用。 作業標準書は現場リーダーが作業者に作業の説明する際の極めて重要な資料です。 また、現場リーダーの説明が終了した後でも現場に掲示してあれば、文書化してありますので 作業者が容易に作業の内容、ポイントを確認できます。

2.作業改善、不良低減、コストダウン、安全災害撲滅をする時に使用。 作業の改善を全員がアイデアを絞って検討する際に極めて貴重な資料となります。

3.お客様への工程説明用として使用。 クレーム等が発生した際、お客様に安心して再購入して頂くための重要な資料となります。

標準時間(ST)と作業標準時間 | 標準時間は標準作業から測定

生産工程では生産計画の立案、結果の評価に当たり基準となる尺度を『標準時間』を設定している。 『標準時間』は『標準作業』から測定され、『標準作業』は『標準作業書』から規定される。 作業標準書が作成されないと標準時間は決まらない。

1.標準時間の定義:

標準時間とは適正に習熟した作業者が定められた方法、条件の下で正常な作業ペースで仕事を するときに必要であると定められている作業時間である。

標準時間の構造:

標準時間(ST)と作業標準時間 

標準時間(ST)と作業標準時間 | 標準時間は標準作業から測定

タクトタイム tact time

各作業工程が同期して作動する時間スロット

加工された製品がそのラインから送り出されてくる時間間隔

流れ作業のようなラインシステムで用いらピッチタイムともいう。

つまり、この時間によってラインの生産量すなわち生産能力が決められる。

関連記事:ものづくりのタイム管理

マン・マシンチャート(人・機械稼動線図)

「マン・マシンチャート」は別名、「M-Mチャート」とも呼ばれ複合作業分析のひとつです。

作業者がマシンを使用して作業を行なう場合、作業者だけを対象に分析しては問題が不明確となるし、マシンだけをとらえても同じです。そこで、作業者とマシンの相互に関連を時系列的に作業分析するものである。

この作業分析を行なうことによって作業者の監視作業やアイドルが把握でき又、機械の稼働状況が作業者とどのように連動関係しているのかも把握でき、作業者とマシンの稼動の問題点を検知し、改善するのに有効な手段です。

M-M チャート-事例

M-M チャート-事例

作業標準書の変更管理 | 文書管理システム

作業標準書の変更の必要性

得意先の要望による設計変更、コストダウンの為の加工方法の変更等の要因により 作業標準書は常に変更しなければならず、その変更システムが構築されていなければよいものづくりはできない。

1)使用材料の変更

2)作業内容変更

3)設備、治工具の変更

4)製造条件の変更

5)品質標準の変更

作業標準変更のための様式と手続き | 変更ルートの明確化

右図の作業標準変更書にて各部署に連絡。 また、下記のように変更管理を徹底させる。

1)変更ルートの明確化 変更管理の主部門を決定変更、通知の情報ルートを決める

2)現場・管理事務担当者の決定 受け取り、保管、差し替えの事務担当者を決定し、指導する。

3)職場全員に連絡 職場全員に作業標準の変更を簡潔に通知し、該当担当者には変更連絡書を基に詳細に説明する。

作業標準変更のための様式と手続き | 変更ルートの明確化

作業標準変更のための様式と手続き | 変更ルートの明確化

画像出典先:『QC工程表と作業標準書』日刊工業新聞社から

装置産業の作業標準書 | 押出成形、化学工場,電力事業,水道事業

化学工場、ライフライン事業(電力事業・水道事業・ガス事業など)等の設備、機械を主体した産業を 装置産業と呼び、作業者が主体として完成品を生産する組立産業とは大きく異なり、装置の管理が製品品質を大きく左右する。 標準作業書としてはオペレーター用の設備操作用・標準作業書と設備管理用・標準作業書がある。

設備操作用標準作業書

装置産業ではオペレーター(作業者)の役割は装置への材料投入、 製造条件設定、監視、サンプリングであり、この内容を記入する。

①材料投入の条件の指示、注意事項

②装置の初期条件の設定

③安全上に注意事項(加熱、加圧等)

④条件設定後の監視(モニター)の確認方法

⑤製品のサンプリングの確認方法

⑥異常発生時の処置方法

設備操作用標準作業書 | 設備操作用作業手順書

設備操作用標準作業書 | 設備操作用作業手順書

画像出典先:『QC工程表と作業標準書』日刊工業新聞社から

設備管理用標準作業書

設備管理とは生産設備の日常の運転・定期点検・補修などを行い、機能維持を行うことである。

①設備メーカー及び設備の取扱い説明書から必要とされる保守、点検方法を聞き、調査 その内容をイラスト、写真等で記載。

②保守に必要な材料、部品を調査し、記載。

③設備異常時のメーカー連絡先を確認、記載。

④日常点検シートの作成 日々の設備管理・標準作業書の確認、記録シート として日常点検シートを作成。

⑤定期点検シートの作成 月、年毎の設備管理・標準作業書の確認、記録シート として日常点検シートを作成。

設備管理用標準作業書 | 設備管理用作業手順書

設備管理用標準作業書 | 設備管理用作業手順書

自働車解体業 標準作業書

経済産業省では自動車リサイクル法で自動車の解体業、破砕業の許可に当たって必要となる標準作業書のガイドラインを設定し、ガイドラインに適合した自働車解体作業を奨励している。

参考サイト:自動車リサイクル法 標準作業書ガイドライン

解体作業 標準書 事例

食品工場 作業標準書

食品業界で使用される衛生標準作業手順書(SSOP)に作成に当たっては「環境の衛生管理」、「食品の衛生管理」および「従事者の衛生管理」に留意して作業標準書を作成する。

食品工場 作業標準書

食品工場 作業標準書

具体的な留意点については下記記事を参考にしてください。

関連記事:HACCP (ハサップ)とは?

標準作業組合せ票と標準作業書

標準作業組合せ票とは、標準作業を実践するにあたり、タクトタイムを基準とし、人と機械の仕事の時間的経過を表にあらわしたものです。工場では、標準作業書や標準作業組合せ票などを活用し、作業者の動きを改善、標準化し、生産性のばらつきなどを改善している。

タクトタイムを基準として、人と機械の仕事の時間的経過を表にするためのものである。作成手順は次のとおり。

①タクトタイムを赤線で引く
②サイクルタイムから1人でできるか否かの見当をつける部品別能力表で分析した手作業時間と歩行時間の合計から判断する
③作業内容を工程順に記入
④手作業・自動送り・歩行時間数をそれぞれ記入
⑤④の数値を表にグラフ化
(注)自動送り時間がタクトタイム(赤線)を超える時は、その分を0秒(スタート)の位置から引く
⑥作業の組み合せをチェックする。「手待ちのムダ」等の問題点を洗い出す
⑦票どおりに作業ができるか実践・確認する。

標準作業組合せ票

標準作業組合せ票

参考文献:

1.よくわかるQC工程表の見方・使い方  宗 裕二 (著), 安孫子 靖生 (著)

2.現場で役立つQC工程表と作業標準書 ISO9000対応  原崎 郁平 (著), 西沢 和夫 (著)

3.現場で役立つQC工程表と作業標準書「実践編」

slideshare 『作業標準書 』(PDF)

パワーポイントで作成した資料です。ご自由にダウンロードください。

関連コンテンツ