作業標準書の作成| 業務マニュアル作り方【図解】

女性作業者
スポンサーリンク




作業手順書とは?|作業標準書|SOP

(英語:Job instruction sheet) 作業者に作業標準を基づいて作業の仕方を示した指導書。作業するうえで守らなければならないルールやコツをまとめたもの。部品の持ち方、持つ位置、組み付け基準、使用する工具検査規格を記載。

作業指示書、作業要領書、製品標準書、標準作業手順書も意味は作業標準書の事です。

また、作業標準書をSOPと呼んでいる会社、団体もあります。(SOPとは、Standard Operating Proceduresの略)

作業標準(英語:Manufacturing Standard)作業条件、作業方法、管理方法、使用材料、使用設備その他の注意事項などに関する基準を定めたもの。 作業指導書、作業手順書、作業マニュアルも作業標準書のひとつ、職場、会社ごと名称が異なるだけ。 基本的な作成方法、使用方法は同じです。

作業標準書、作業手順書 エクセル テンプレート

エクセルで作業標準書(作業手順書、作業指示書)のテンプレート(フォーマット)を作成しました。

画像をクリックすると原紙がダウンロード可能です。

作業標準書

作業標準書 フォーマット

マニュアル、イレギュラー、作業手順の意味

マニュアルの意味|作業標準書|作業要領書

通常、会社、工場においてマニュアルと言っているは作業標準書、作業手順書、作業要領書のことであり、所属する会社、団体よって呼び名が違う。

語源の英語のManualは小冊子、便覧、案内書、手引きの意味である。

イレギュラーの意味|作業標準書

会社、工場でのイレギュラーの意味は作業標準書等の決められたルール、規則に違反した行為、製品を表現している。

元々の英語 irregularの意味は「不規則な」、「変則的な」の意味。

よって、イレギュラーな作業をしないようにマニュアルを作成し、順守しなければならない。

作業手順の意味|作業標準書

製品及び部品をつくる順序、方法のこと、また標準作業とは安全で品質の良い製品、部品を効率的に生産する為の部品の持ち方、持つ位置、組み付け基準等の順序、作業方法のこと。

QC工程表と作業標準書及び作業工程表

製品を設計で開発し、その製品を生産する為に設備、治具を生産技術で検討、製作、そして製造技術で試作品を検討し、最終的に製造で量産を行うのが基本的なものづくりの流れです。

品質の安定した製品を生産する為に5M(人、設備、方法、材料、測定)のバラツキのポイントを一目で把握できる手段としてQC工程表が作成されます。

いわば、QC工程表は生産ラインのものづくりの基本のデザイン図です、これをみえれば一目で工程の管理すべきポイントがわかります。

しかし、QC工程表だけでは各工程のものづくりの詳細ポイントのまではわかりません。作業者がわかりやすく、作業方法を記載したのが作業標準書です。

QC工程表は管理者、監督者そして作業標準書は作業者の為の標準書です。

QC工程表と作業標準書

QC工程表と作業標準書

関連記事:QC工程表の作成と活用、事例

また、QC管理表、作業手順書と良く間違いやすい言葉として作業工程表があります。

作業工程表の本来の意味は①工事の施工順序を表にしたもの②一個の製品を加工していく過程を示した表で時間を基準としたタイムスケジュールです。

作業工程表

作業工程表

なぜ、作業標準書が必要か | 作業マニュアル作成

作業標準書がないと下記の問題が発生する。

1)作業者の作業方法ばらつきによる品質トラブル、標準時間(ST)のバラツキによる生産台数の低下。

2)GOOD作業の未把握、未確定。

3)文書化していないと正確に伝達できない。

4)工場技術ノウハウの継承ができない。

5)作業改善する場合の各担当、部署間の情報の共有がしにくい。

6)新人作業者に正確に指導、教育できない。

7)不良品がお客様に流失する。

8)お客様からの品質保証文書の要求に応えられない。

作業標準書の目的 | マンマシーン用作業指示書

作業標準書は現場の作業の質の安定化、製品品質のバラツキを抑える為に行う、標準的な作業内容を記載した文書である。

・作業の安定化

・製品品質のバラツキ減少

・納期確保 ・コスト削減

作業標準書の目的 | 文書管理システムのいち手段 | 製品品質のバラツキの安定化

作業標準書の目的 | 文書管理システムのいち手段 | 製品品質のバラツキの安定化

 作業標準書の種類 安全作業用| 作業管理用

作業標準の種類は作業の管理、品質の管理、設備の管理に分けられる。

①作業管理用: 作業の質の安定による作業性、製品品質、コスト、納期の安定、向上を目的としている。 対象範囲としては加工、組み立て工程用の作業標準書等である。

②品質管理用: 検査業務が中心となり、作業標準化により適切な検査を実施することが可能となり、不良の流失を阻止できる。受け入れ検査用、工程内検査用、完成品検査用に分けられる。

③設備管理用: 設備を正しく操作し、適切に保全することが目的である。 各設備毎の設備操作・作業標準書及び点検チェックシートで対応する。

作業標準書の種類 | 作業管理用 | 品質管理用 | 設備管理用 | 安全管理用

作業標準書の種類 | 作業管理用 | 品質管理用 | 設備管理用 | 安全作業用

安全作業の標準作業書|安全作業手順書

良い製品そして生産性を向上させる標準作業書を作成する場合、一番に優先して作成するべき作業標準書は安全作業手順書です。

作業が安全で衛生的な環境で作業できるように安全作業手順書を作成します。

体裁だけ整っていれば良いというものではなく、真に作業者の立場に立たった もので、しかも作業効率が良い、安全作業でなりません。

下記はプレス事故防止の為に安全作業手順書の事例です。

プレス事故

プレス事故

プレス 安全 作業標準書

プレス 安全作業標準書

関連記事:労働安全衛生

基礎からわかる作業手順書―安全作業に活かす実践ノウハウ|おすすめBOOK

作業標準書の書式|手順書 フォーマット

作業標準書の決められた様式はないが参考に部品の組み立て作業の作業標準書を右に記載する。

①様式の項目の書き方 ①製品名:加工しようとする製品名を記入する。

②製品番号:対象とする製品の固有品番を記入する。

③工程番号:QC工程表から転記する。

④工程名:作業標準を必要とする工程名を記入する。

⑤使用材料、部品:その工程で使用する材料、部品を記入する。

⑥使用設備、治具:その工程で使用する設備、治工具を記入する。

⑦作業手順:この工程で行う作業の内容をステップ毎に記入する。

⑧主なポイント:重要なポイントを記入、略図、写真、イラストで理解しやすいようにする。

作業標準書の様式 | 様式の項目の書き方 |サンプル

作業標準書の様式 | 様式の項目の書き方 |サンプル

スポンサーリンク




スポンサーリンク