言語/language

出荷検査

出荷前検査
出荷前検査
  1. 出荷検査            【イラスト図解】
    1. 最終検査、出荷前検査の目的は
    2. 出荷検査と最終検査の違い

出荷検査            【イラスト図解】

英語: delivery inspection                 中国語:出厂检验

最終検査、出荷前検査の目的は

製品を出荷する際に行う検査、最終検査を終了後に直ちに出荷される場合には最終検査が出荷検査とみることができる。

最終検査後に製品がいったん倉庫に保管された後に出荷される場合に,改めて検査が行われる。この場合の検査は最終検査とは別なものとなる。

出荷検査では輸送中に破損,劣化が起こらないように梱包条件についてもチェックすることもある。

引用先:クォリティーマネジメント用語辞典 日本規格協会

出荷検査と最終検査の違い

最終検査は、顧客の要求も含め製品全体を製造工程の最終段階で行う検査で完成品が製品としての要求事項を満足しているか否かの判別がなされ、顧客に対する信用の低下や各種の問題、損失を未然に防ぐ為に行われます、一般的に完成品検査と同じ意味を持つ。

最終検査後に直ぐに出荷すれば出荷検査と同じ内容の言葉となるが長期に保管してから出荷する場合は出荷前に出荷検査を行う。

最終検査

最終検査

 

出荷検査は、出荷直前に行う品質確認のための検査で、取引先に製品を納めても問題ないのかを確認する検査工程となっています。出荷検査で漏れが発生すれば市場に不良品が流出してしまうため、製造業において出荷検査は最後の砦といえる検査工程です、出荷前検査と呼ばれることもある。

製造後~出荷までに起こる劣化には、次の2通りがある。

①経時的な劣化
高温、低温、高湿度環境での長期間の保管や保管状態が適切でなかったことにより発生する、変色や錆、ねじのゆるみなど

①人的な劣化
乱雑な運搬の結果として、衝撃、振動による運搬中に起こす変形やキズといった劣化

出荷検査は、これらの劣化をチェックし、出荷品質の安定を図るために行われます。

出荷検査の理由

出荷検査の理由

関連用語:最終検査

関連用語:完成品検査

タイトルとURLをコピーしました