QC特性要因図の作り方| 要因分析手法【図解】

特性要因図
スポンサーリンク




特性要因図とは?|QC七つ道具|魚の骨図

取り上げた問題点に対してその原因を全員で提起し視覚的にまとめ、重要と思われる要因について的を絞って効果的に改善を推進していくための手法が特性要因図である。

QC七つ道具のひとつであり、フィシュボーン図(Fish bone)、石川ダイアグラム、魚の骨図CE図と呼ばれることもある。

QC 特性要因図 エクセル テンプレート

下記にエクセルで作成した特性要因図があります、ご自由にダウンロードしてご使用ください。

Excel特性要因図 エクセル ファイル 

特性要因図 power point版

特性要因図 power pont版 最新版

また、平均値および標準偏差だけを入力すれば改善前後のバラツキ度合いが一目でわかる正規分布表(下図)を作成しました、改善後の確認にご活用ください。

改善前後 正規分布 比較

ダウンロード先:ヒストグラム(度数分布表)エクセル表

特性と要因の意味|CE図

特性要因図はcause effect diagramからCE図とも呼ばれる。

特性の意味・・・・結果

仕事の結果、生じるもの。例として製品品質、製品のロス、生産台数など現場として考えると”問題点”としてでてくる結果のことです。

特性 (effect) – 管理の成績・成果として得るべき指標(不良率・在庫金額など)

要因の意味・・・・原因

仕事の結果に対して影響を与える原因となるもの。
例としては組み立てミス、オイル切れ、磨耗等の原因となるもの。

要因 (factor) – 特性に影響する管理事項(推定される)
原因 (cause) – 問題など特定の結果に関与した要因(事実)

下記の記事も参考にして下さい。

関連記事:QC工程表 管理特性と品質特性

QC特性要因図、フィシュボーン図の歴史

特性要因図(石川ダイアグラム)は1960年代に石川馨よって開発されたクレーム事項に関連する多数の要因をマッピングする手法のひとつ。

ISHIKAWA HAJIME

ISHIKAWA HAJIME

1920年代にQC7つ道具のっひとつとして使用され、それは魚の骨格の側面図に似ているため、フィッシュボーンダイアグラムとして海外でも知られています。
マツダのロードスターのデザインで用いられた「人馬一体」を大骨とする特性要因図が有名である。下に参考例を示す。

特性要因図 マツダ ロードスター

特性要因図 事例 マツダ ロードスター

特性要因図の目的 | 視覚的QC分析

職場での問題が発生した場合、色々な要因が考えられるがその原因をその場、その場で対策、改善をしてもあまり効果的でない。このような時に取り上げた問題点に対してその原因を全員で提起し視覚的にまとめ、重要と思われる要因について的を絞って効果的に改善を推進していくための手法が特性要因図である。

特性要因図の作り方、書き方

具体的フィッシュボーンのやり方

5Mを明確にする。

(Machine) (Method)(Material)(Man) (Measurement)

1)特性(問題点)を決める。

例:なぜ、半田不良が多い?
なぜ、生産台数が上がらない?
NG例:
半田不良の低減
生産台数の向上
*既に要因が対策として上げられているので。

2)大骨を記入する。

特性が起きる要因として考えられる大きな要因を上げそれを大骨として矢印で記入する。
具体的には5M+1E(Man ,Machine, Material,Method,measurement、Enviroment)を参考に現場に即した言葉で記入する。

特性要因図の作り方

特性要因図の作り方

3)中、小骨を記入する

大骨の特性の起こる要因を考え中骨を作成し次ぎに小骨を作成する。
重要な要因についてはなぜ、なぜを繰り返し小小小骨まで作成し問題点を追及する。

4)記入もれをチックする

5)影響の大きいものについて印をつける。

特性要因図を作成する際は全員でブレーンストーミングで意見を出し合い進める。その際、議長と書記を選び時間を決めて効率に行うこと。

6)改善を行う |特性要因図 事例

重要と思われる要因についての改善プランを計画し、QCサークルを回す。

フィッシュボーンの分析

フィッシュボーン分析

スポンサーリンク




スポンサーリンク