新QC七つ道具

新QC七つ道具

新QC七つ道具とは

管理者、スタッフのために開発された品質管理手法で、混沌とした問題を解決するのに力を発揮する。

スポンサーリンク

間接部門で活用しやすいQC手法

新QC七つ道具とは、主として言語データをわかりやすく図に整理することによって、混沌としている問題の解決を図っていく手法です。親和図法、連関図法、系統図法、マトリックス図法、マトリックス・データー解析法、アローダイヤグラム法、PDPC法の七つをいいます。
これらは、製造現場を中心に展開されていたQCサークル活動が、TQCへと進展し、設計開発部門、営業部門などの間接部門へ活動範囲が広がるのにつれて、問題の解決手法や創造、発想手法を組み入れ、問接部門で活用できるQC手法として、開発されたものです。

各手法の特徴

それぞれの特徴は、次のようになっています、*詳細は各見出しをクリックしてください。

親和図法

混沌とした問題について、収集した多くのデータを親和性によって整理して、問題の構造を明らかにします。

親和図法

連関図法

発生要因が複雑に絡み合った問題について、それらの因果関係を矢印で結び、主要因を追求します。

連関図法

系統図法

問題を解決するために、目的と手段を系統づけていくことによって、適切な手段を見出します。

系統図法

マトリックス図法

二つの要素を行と列の二次元に配置し、その交点に着眼して、問題解決の糸口を見つけます。

マトリックス図法

マトリックス・データ解析法

マトリックス図に与えられた数値データを二次元の図表に整理し、問題解決の糸口を見つけ出します。

マトリックス・データー解析法

アローダイヤグラム法

問題を解決するための多くの作業が複雑に絡み合っている場合、各作業の関連と日程をネットワーク図で表わします。

アローダイヤグラム法

PDPC法

計画を実施していく際の不測の事態を予測し、不測事態が発生したときの代替案を挙げ、目標達成のための過程を図に表わします。

PDPC法

関連コンテンツ